転職が怖いから動けないのは当たり前【不安の対処法と転職しないリスク】

転職が怖いから動けないのは当たり前【不安の対処法と転職しないリスク】

転職が怖いから動けないのは当たり前【不安の対処法と転職しないリスク】

転職したいけど怖いから動けない。不安になるばかり・・・
このままで転職なんてできるのかな・・・
転職が怖くて動けない状況を変えたい!方法を教えて!

このような悩みを解決します。

転職したいけど怖いから動けない人は、あなた以外にもたくさんいます。

というか、転職が怖くて動けなくなるのが普通です。

ゆん
僕も1回目の転職の時は、怖くて動けない時期があったよ。色々マイナスなことが浮かんでくるんだよね・・・

 

そこで本記事では、転職が怖いから動けない原因や対処法、転職活動を中断するリスクをまとめました。

最後まで読めば、転職が怖いから動けないという状況を解消することができ、転職活動をスムーズに行えるようになるでしょう。

転職が怖いから動けないのはみんな同じ

転職したいと思っても行動に移せないのは普通です。

なぜなら、環境が変わることに不安を感じるのは本能だから。

筆者は元人事ですが、転職を決意したけど怖くて動けない…どうすればいいの?という相談は頻繁にありました。

転職が怖い…動けない…という悩みは誰もが抱えるものであり、決して恥ずかしい悩みではありませんよ。

特に日本人は、新しいことをするときに、期待より不安が先に来る人が多いです。

これは遺伝子や神経伝達物質の問題ともいわれているので、簡単にどうこうできる問題ではありません。

転職経験がある人ならともかく、初めて転職しようとしている人が「怖い・動けない」と、不安になるのは当然なのです。

転職が怖いから動けないときの対処法6選【勇気を出す方法】

ここでは、転職が怖くて動けないときの対処法を6つご紹介します。

勇気が出て、行動するきっかけになることを祈っています。

1.転職しないことがリスクだと知る

転職しないこと、そのものがリスクだと認識しましょう。

転職が怖いから動けない人には、「今のままでもいいや。転職したらもっとひどくなるかもしれないし」という逃げの考えを持っている人がいます。

僕の場合、転職しない選択をしたら、以下のような境遇が続いて死ぬと思いました。

  • 無意味に上司に怒鳴られ続ける。ストレスしかない
  • 給料は安いまま。
  • サービス残業は月最低50時間
  • 帰って寝るだけの人生。生きている意味がない

これでは、なぜ生きているのかわからなくなる思ったら、不思議と「転職が怖いから動けない」という不安が解消されました。

「今のままでもいいや。転職したらもっとひどくなるかもしれないし」という逃げの思考から、「何が何でも変えてやる」という思考にマインドセットできたのです。

今の職場環境がダメだと思っているから、転職を決意したんですよね。

転職が怖いから動けないまま搾取され続けること、そのものがリスクではないでしょうか。

2.なぜ転職したいと思ったのか思い出す

なぜ自分が転職を決意したのか思い出すことで、転職が怖いから動けないなんて不安は消し飛びます。

「転職活動をしている自分」に満足して、転職成功まで気力が続かない人は多いです。

そうならないために、定期的に自分が転職を決意した理由を思い出しましょう。

ゆん
紙に書いてトイレのドアや壁など、普段から目が行くところに貼っておくことのがおすすめです。

 

「こんなことで転職が怖いから動けない状況を変えられる?」と思うかもしれませんが、変えられます。

騙されたと思ってやってみてください。

無料でできますし、労力もほとんどないでしょう。

3.自分にとって本当に大事なものは何か考える

自分にとって本当に大事なものを考えるだけで、転職したい気持ちをより強くできます。

「転職したい!どうしても転職したい!」という思いを復活させてください。

何のために転職するのか、真剣に考えましょう。

家族がいる方は妻のため、子供のため。

ポルシェに乗りたい人は、自分がポルシェに乗っている姿を想像すると転職活動のやる気がでるはずです。

自分が大事にしていることを思い出してください。

4.働きながら転職活動する

働きながら転職活動することで、職を失うリスクを失くせます。

転職先が見つからないという不安がないので、転職活動だけに集中できるでしょう。

また、転職が怖いと感じている人の中には、仕事の忙しさを言い訳にして行動できない方もいるでしょう。

お気持ちはよくわかりますが、それではいつまでたっても変われません。

とりあえず転職エージェントに登録してみて、やってる感を出すことから始めることをおすすめします。

5.転職回数は気にしない

転職回数が増えることを気にする必要はありません。

なぜなら、採用側が見るのは転職回数ではなく転職理由だから。

転職が多いと不利になるのでは?と不安になるでしょうが、1ヶ月未満といった短期間で転職を繰り返さない限りは問題ないですよ。

6.転職の不安を受け入れる

「自分は転職が怖いと感じている…」という事実と向き合いましょう。

不安や恐怖心を自覚することは行動に移す第一歩になります。

未経験や先が見えないことをするとき、人間は恐怖心を抱いて当然です。

自分と同じように他人も恐怖心と戦っています。

他人にできてあなたにできないわけがないです。

動けない…転職が怖いと感じる理由5つ

ここでは、「転職が怖いから動けない」状態になる理由を解説します。

大きく分けて、3パターンです。

1.転職先が自分に合わないかもしれないから

今の職場よりひどくなるかもという不安が、あなたを「転職が怖いから動けない」という状態にしているかもしれません。

例えば、「上司が今よりひどい人だったらどうしよう・・・」などの、人間関係の不安ですね。

1つ不安なことが出てくると、どんどん不安になるのは仕方のないことです。

また、転職先が決まり次第、相談するという方法もあります。

自分が不安に思っていることは向こうから聞いてくるはずなので、素直に打ち明けましょう。

転職先がせっかく採用したあなたを、無下に扱うようなことはしません。

2.仕事についていけるか不安だから

仕事についていけるか不安で、「転職が怖いから動けない」状態になる人も多いです。

転職すると、労働環境はすべてが一変しますよね。

違う業種、業態、職種ならなおさらです。

不安だけが膨らんでいき、自信を喪失して「転職が怖いから動けない」という状態になります。

転職する後悔としない後悔、どちらが嫌でしょう。

僕なら、転職して失敗したほうがマシです。

転職は何度でもできますからね。

3.職場の人に退職がばれたらいじめられるから

現職の人に転職がばれたら嫌がらせされるのではないか、という不安も「転職が怖いから動けない」状態になる理由です。

実際に転職を2回した僕の意見としては、他人の転職に口を出す人はいなかったので、気にしすぎだと思います。

今の職場の人にバレていじめられる確率は限りなく低いので、悩む必要なんてないですよ。

転職活動に集中していれば、嫌でも不安がなくなります。

4.未経験への転職が不安だから

未経験の転職が怖いのは当たり前です。

スキルも経験もない状態で転職できるのか不安になりますよね。

未経験の転職で大事なのは、企業が求める人材になれるかどうか、です。

業界研究や企業研究を徹底し、企業に採用したいと思わせることがポイントになります。

なにをすればいいの?と思ったら、転職エージェントに相談してみましょう。

転職のプロから、的確なアドバイスを受けられます。

5.選考が怖い

選考では、9割の人が落とされます。

この事実を知っていても、落選することは否定されたように感じて辛いですよね。

しかし、選考に対する不安は経験を積むことでしか解消できません。

自分が気づいていないだけで、特別なスキルを持っていることもあります。

自己分析と選考対策を徹底することで、選考に対する恐怖心は和らぐでしょう。

ゆん
選考対策は転職エージェントが手伝ってくれるので、活用することをおすすめします。

 

本当に役立った転職エージェント

doda

  • 利用者満足度で最高評価(業界第1位)を獲得。
  • 求人数は13万件以上であり、業界第2位の規模。
  • 20代、30代向けの求人が量・質ともに定評あり。
  • エージェントの質が平均的に高く、初心者でも安心。

リクルートエージェント

  • 転職成功実績が第1位。
  • 求人数が圧倒的業界NO.1(35万件以上)。
  • 非公開求人は業界最多の18.4万件以上。
  • オンラインでの対応もOK。

パソナキャリア

  • 業界第3位の求人数。
  • サポートの手厚さが全サービスで最高評価。
  • 女性向け案件が多く、対応の良さが評判。
  • 東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪/名古屋の求人が豊富。

JAC Recruitment

  • 30代以上のハイクラス求人に特化。
  • ハイキャリア・高収入の転職で実績No.1。
  • 担当者が優秀で、提案力が極めて高い。
  • 外資系・日系のハイクラス向け求人の量・質に定評あり。

転職が怖いから動けない…それでも転職すべき人の特徴3つ

ここでは、転職が怖くて動けない…といっている人でも転職すべき人をご紹介します。

冗談抜きで転職したほうがいいです。

  1. ハラスメントを受けている人
  2. ブラック企業で働いている人
  3. 会社に未来を感じない人

1.ハラスメントを受けている人

パワハラやモラハラ、セクハラを受けている方は、すぐに転職したほうがよいでしょう。

なぜなら、心理的な苦痛は突然限界が来るから。

今は平気だとしても、明日はだめかもしれません。

転職活動できる余力があるうちに行動することをおすすめします。

ゆん
筆者はパワハラされて転職しました。心の限界は突然来るので、行動できる時にしたほうがいいです。

 

2.ブラック企業で働いている人

ブラック企業では働いている人も、すぐに転職したほうがいいです。

なぜなら、必ず使い潰されてしまうから。

ブラック企業は、社員を替えがきく駒としか思っていません。

つまり、無茶なことでも平気でおし通そうとします。

「これくらいやってあたりまえ」「逃げるのか?」「ここ以外では通用しない」などといって洗脳してきますが無視してください。

全てうそです。

あなたの心身が健康なうちに、まともな企業に転職することをおすすめします。

3.会社に未来を感じない人

会社に将来性を感じていない人も転職したほうが良いです。

なぜなら、モチベーション維持や転職市場価値に影響するから。

将来を感じない企業ではやる気がでませんよね。

ということは、スキルアップもできないことになります。

スキルアップできないと転職市場価値の下落につながるので、大きなデメリットです。

転職が怖いから動けない…円満退職のコツ

ここでは、円満退職のコツをご紹介します。

コツは、以下の3つです。

円満退職のコツ

  1. ポジティブな退職理由を伝える
  2. 繁忙期を避けて伝える
  3. 会社への不満ではなく、感謝を伝える

詳細は、退職を言い出せない!怖いときの対処法4選【円満退職のコツ】でまとめているので、参考にしてください。

転職が怖いから動けないのは当たり前:まとめ

転職が怖い…と感じるのは当たり前です。

誰でも恐怖心や不安を感じて、動けなくなります。

しかし、そのまま行動しないでいれば何も変わりません。

辛い仕事、辛い人間関係が続くだけ。

それが嫌なら、勇気を出して行動しましょう。

もしどうしても行動できないようなら、転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントは転職のプロなので、現状を打破する方法を知っているかもしれません。

以下の記事では、少しでも早く転職するための転職サイト・エージェントをご紹介しています。

 

すべて無料で使えるので、ぜひ試してみてください。

 

 

今回は以上です。