転職できない人は無能?【見直すべき5つのポイント】

転職できない人は無能?【見直すべき5つのポイント】

転職できない人は無能?【見直すべき5つのポイント】

転職が全然うまくいかない・・・自分は無能なのかな
転職できない無能な自分が嫌だ。もう死ぬしかない。
転職できない人は無能なんですか?転職成功するための方法を教えてください!

このような悩みを解決します。

  1. 転職できない人は無能ではない
  2. 転職できない人が見直すべき5つのポイント
  3. 転職できない人とすぐできる人の違い
  4. 転職成功率をグッと高める方法

【転職教室】管理人の経歴

  1. 医療法人(人事部)→パワハラ受けて転職
  2. 学校法人→なんか合わなくて2度目の転職
  3. 人材系法人→のびのび正社員

 

ゆん
当サイトの記事は、2度の転職経験と元人事部の目線で執筆しています。

 

転職活動が思うように進まないと、自分が無能なのか不安になりますよね。

内定がもらえなさ過ぎて、「もうだめだ。死ぬしかない。」と、絶望している方もいるかもしれません。

結論からいうと、転職できないのは無能だからではありません。転職のやり方を間違っているだけです。
ゆん
当然、転職にスキルは関係あります。しかし、それだけではありませんよ。

 

今回は、自分が転職できない無能だと思い込み、自信喪失している方に向けて書きました。

本記事を読めば、転職できない理由や特徴がわかり、転職成功に向けて正しい一歩を踏み出せるようになるでしょう。

本記事の内容は、目次でご確認ください。

それでは参りましょう!

転職できない人は無能ではない!断言できる根拠

結論からいうと、転職できない人は無能ではないです。

何度も転職に失敗していると、「自分は無能だから転職できないんだ…」と勘違いしがちですが、無能ではありません。

転職がうまくいかない理由は、準備不足だからです。

転職は情報戦なので、より多くの情報を持った人、より優秀な転職エージェントが担当になった人が採用されます。

つまり、応募者が無能だから内定が出ないというわけではないのです。

ゆん
転職エージェントを多く使えば使うほど、情報量は多くなりますからね。

 

応募者本人の能力というよりも、転職エージェントの使い方が重要なんですよ。

中卒でトップ外資系に応募するようなパターンは例外ですが、無能かどうかはさほど関係ありません。

転職できない人は無能というより相性の問題

応募者が無能というよりも、応募先企業との相性や転職エージェントとの相性の方が、転職への影響は大きいです。

転職には「向き・不向き」もありますからね。

準備をすれば転職成功率を上げることができますが、相性に関しては別問題です。

学校で勉強していたころを思い出してください。

数学が得意で、あまり勉強しなくてもできる人がいれば、かなり勉強しているのに全然できない人もいましたよね。

これは、人それぞれ適性が違うという相性の問題があるためです。

転職活動においても「相性」はあります。

ゆん
相性の問題は大きいです。本人の能力は関係ありますが、もともと得意な人が有利な状況に変わりないでしょう。

 

転職できなくて「自分は無能なんだ・・・」と落ち込まないでくださいね。

転職活動は「個人の能力」以上に、「準備」や「相性」が大きく影響します。

ゆん
働きながら転職活動できる人もいれば、そうでない人もいますよね。これも転職活動との相性といえます。

 

仕事を続けながら転職活動していて辛い方は、激務で転職できない!転職活動の時間を作る5つの方法をご覧ください。

少しでも楽に転職活動する方法がわかります。

転職できない人は無能?やり方が悪い場合も

転職できない人は、無能というよりもやり方に問題があるのかもしれません。

例えば、

  • 未経験職にばかり応募している
  • トレンド業界にばかり応募している
  • 身の丈に合っていない条件を出している

といったことをしていませんか?

もし、上記のようなことをしているなら、転職のやり方を間違えています。

応募者が無能というより、やり方を知らないことが原因なので、落ち込まなくていいんですよ。

ゆん
次章で、転職を正しく進めるための見直すべきポイントを5つご紹介します。

 

転職できない人は無能?【見直すべき5つのポイント】

ここでは、転職できない人に見直してほしいポイントを5つご紹介します。

正しい転職の進め方を知れば、無能だと思い込んで落ち込まなくなるでしょう。

  1. 未経験職ばかり応募していないか
  2. 企業研究はしているか
  3. 自己分析はしているか
  4. 書類選考・面接対策はしているか
  5. 転職エージェントは複数使っているか

1.未経験職ばかり応募していないか

未経験職ばかり応募していると、転職できなくても無理ないです。

なぜなら、未経験職への転職はポテンシャル採用だから。

つまり、現時点の実績やスキルではなく、将来性を買われているというわけです。

企業に対していかに自分をアピールできるかがポイントになるので、事前にどれだけ応募先企業の情報を仕入れるかがカギですね。

転職エージェントを複数使っていないと、情報が足りていないケースが多いので、この時点で負けが決まっています。

2.企業研究はしているか

企業研究をさぼると、転職成功率は大きく下がります。

なぜなら、転職は応募者と企業のマッチングだから。

わかりやすくいえば、相性チェックですね。

企業研究していないと、書類選考や面接で「私は御社にマッチした人材なんですよ!」というアピールができません。

アピールできないなら、転職できないのは当たり前ですよね。

3.自己分析はしているか

転職がうまくいかない…無能なのか…と悩む前に、自己分析をしましょう。

なぜなら、自分の強みや弱み、性格や信念などを把握しておかないと、企業にアピールできないから。

転職は情報戦であり、企業とのマッチングです。

自分を知り相手(企業)のことを知ることでマッチング(内定)までいけます。

企業研究と自己分析、どちらかが欠けても転職は成功しません。

ゆん
自己分析するなら、グッドポイント診断という無料ツールが便利ですよ。

 

リクナビNEXTの「グッドポイント診断」を使えば、自分の長所や短所だけでなく、向いている職種がわかりますよ。

 

しかも、診断結果を選考で使えるので、強みを客観的にアピールすることも可能です。

 

登録が必要ですが、料金はもちろん無料なのでぜひお試しください。

 

 

ゆん
僕もグッドポイント診断を使いましたが、自分に向いている仕事が客観的にわかったので、転職先で苦労していません。

 

4.書類選考・面接対策はしているか

書類選考・面接対策ができていないと、どんなに優秀な人でも転職できません。

なぜなら、どんなに優秀でもその企業で活きるかどうかは別の話だから。

超優秀なプログラマーに、明日から水泳選手になれといっても無理な話ですよね。

人それぞれ能力があり、活かすためには適切な環境が必要です。

適切な環境を知るためには、情報を集めなければなりません。

ゆん
情報格差をなくすために、複数の転職サイト・転職エージェントを利用しましょう。

 

書類選考・面接対策においても、情報量が勝敗を分けます。

どんな人材を求めているか知らなければ、対策の立てようがないですよね。

複数の転職サイト・転職エージェントを利用して、多角的に情報を得ることが、転職成功のポイントと言えます。

5.転職エージェントは複数使っているか

何度も言っている通り、転職は情報の量で勝負が決まる「情報戦」です。

個人の能力や実績、人間性などはもちろん重要ですが、情報量が多ければ多いほど転職できる可能性は上がります。

企業が求める人材という「情報」を知っていれば、書類作成や面接でも十分対策できますよね。

企業からスカウトするという転職サービスの「情報」を知っていれば、わざわざ応募する手間もなくなるかもしれないわけです。

転職は「知っているか知らないか」だけで勝敗が決まるといえます。
転職できない人の中には、有名大卒の超エリートもいます。
スペックが素晴らしくても転職できないのは、無能だからではなく、「知らないから」なのです。
ゆん
つまり、転職エージェントを活用することが転職成功のコツですね。

 

ちなみに、転職サイト・転職エージェントごとに扱っている求人や得意案件が違うことは知っていましたか?

非公開求人に関しては、サービスごとに別の案件を抱えていることもあります。

転職に成功するための第一歩は、複数の転職サイト・転職エージェントを利用して「多角的な情報」を得ることですね。

転職できない人は無能?転職先がすぐ決まる人との違い

ここでは、転職先がすぐ決まる人の特徴を10個ご紹介します。

すぐに内定が出る人=有能とは限りませんが、「転職市場で自分を売るという分野」においては有能です。

特徴を知って真似すれば、転職できる確率が高まるでしょう。

転職がすぐ決まる人の特徴

  1. 余裕があり、転職活動を楽しんでいる
  2. 自分と企業の相性の良さをアピールできる
  3. 応募先が理解しやすいスキルや実績がある
  4. 自己分析を常にしている
  5. 人脈形成がうまい
  6. 転職理由に軸がある
  7. ネガティブなことをポジティブに考える
  8. 質問の意図を正しく理解している
  9. 長く勤めてくれそうと思わせる
  10. 逆質問の質が高い

詳細は、転職がすぐ決まる人の特徴10選【あっさり決まる】でまとめたので、少しでも転職を早く終わらせたい方は参考にしてください。

転職成功は、「周到な準備から」です。

「転職できない無能・・・」なんて自分を卑下せず、できることからやりましょう!

転職できないと無能?転職成功率をグッと高める唯一の方法

転職成功率をグッと高める方法は、転職エージェントをフル活用することです。

なぜなら、転職エージェントを活用すれば手に入る情報量が格段に増えるだけでなく、様々なサポートも受けられるから。

転職がうまくいかない原因は、ほとんどが「情報不足」です。

つまり、転職のプロである転職エージェントを利用していれば、十分対策ができます。

ゆん
転職成功者は、平均で4社に登録していたというデータもあります。

 

1社では情報をカバーできなくても、4社使えば過不足なく情報を集められるでしょう。

補足ですが、転職エージェントの担当は変更できるって知ってましたか?

転職エージェントには、有能な人もいれば無能な人もいます。

また、転職エージェントとは相性の問題もあるので、合わないと思ったらすぐに交代申請を出した方がよいです。

なぜなら、相性が悪いエージェントと組んでもうまくいかないから。

エージェントも人間なので、応募者ごとに肩入れ具合は違います。

自分を大切にしてくれて、熱意をもって転職サポートしてくれる担当が「当たり」です。

ダメなエージェントに当たったときの対処法は、【無能】転職エージェントがうざい!むかつく理由と対処法4選を参考にしてください。

転職できない人は無能?【見直すべき5つのポイント】:まとめ

転職がうまくいかないと、心が疲れます。

転職活動に限らず、頑張っているのに報われなければ辞めたくなりますよね。

そういう時は、思い切って休んでください。

集中できないまま活動しても内定は取れませんし、余計にやる気が失せるだけです。

ゆん
休むことも転職活動の一環。プライベートの充実度が高ければ、仕事の質もあがる現象と同じですね。

 

「いやいや、本当に休んじゃっていいの?やばくない?」と不安な方は、転職活動に疲れたら休むべき?転職中断のメリット・デメリットをご覧ください。

休んだ方がいい理由がわかります。

ゆん
転職活動に疲れておらず、早く内定が欲しい方は、情報収集から始めましょう。

 

ぶっちゃけ、転職エージェントをすすめましたが、使っても使わなくてもあなたの自由です。

なぜなら、やりやすい方法はみんな違うし、「これが正解」という方法なんてないから。

情報収集を効率よくしたい方は、転職エージェントをはじめとした転職サービスをご利用ください。

 

繰り返しますが、転職できないのは無能だからではありません。

自分を卑下しないでくださいね。

今回は以上です。