転職エージェントに見捨てられるとどうなる?【原因と対処法を解説】

転職エージェントに見捨てられるとヤバい3つの理由【対処法は3つ】

転職エージェントに見捨てられるとどうなる?【原因と対処法を解説】

転職エージェントに見捨てられるって本当捨てられたらどうなる
転職エージェントに見捨てられる人の特徴はあるの?相手にされない理由は?
本当に転職エージェントから見捨てられた!どうすればいいの?

このような悩みを解決します。

転職エージェントから連絡がこない」「求人を紹介されない」といった話を聞いたことはありますか?

本記事を読んでいるあなたは、どこかで「転職エージェント 見捨てられる」というキーワードを見て、不安になったのですよね。

結論から言うと、転職エージェントに見捨てられる可能性はあります。
ゆん
ご安心ください。普通に転職活動していれば見捨てられることはまずありませんよ。

 

本記事ではエージェントに見捨てられる人の特徴や、実際に見捨てられるとどうなるのかご紹介します。

読み終えるころには、転職エージェントに見捨てられないようにする方法がわかり、相手にされないという不安から解放されるでしょう。

記事の内容は目次でご確認ください。

それでは本題に行きますね。

転職エージェントに見捨てられるとかなりヤバい3つの理由

まずは「転職エージェントに見捨てられるとどうなるのか」という疑問から解消していきますね。

結論からいうと、転職エージェントに見捨てられたら転職成功率が大幅に下がります。

なぜなら、転職するために必要な情報がほとんど絶たれることを意味するから。

転職が情報戦ということはご存じですよね。

貴重な情報源である「転職エージェント」に見捨てられることは、死活問題です。

もちろん、絶対に転職できなくなったわけではありません。

転職できる確率が50%だったとしたら、5%まで低下したイメージです。

そのくらい、転職を成功させるためには、転職エージェントの力が大きいということをご理解ください。

くれぐれも、転職エージェントを敵に回すようなことは避けてくださいね。

ゆん
転職エージェントに見捨てられないようにする方法は後ほど紹介するので、ご安心ください。

 

相手にされない!転職エージェントに見捨てられる人の特徴

ここでは、転職エージェントに見捨てられる人の特徴を3つご紹介します。

共通点があるので、自分が当てはまっていないかご確認ください。

もし心当たりがあれば今日から直していきましょう。

  1. 転職意欲が低い
  2. 条件が高すぎる
  3. 人として終わっている

1つずつ解説しますね。

1.転職意欲が低い

転職エージェントに捨てられる人の特徴1つ目は、転職意欲が低いことです。

転職エージェントは成果報酬制のビジネスなので、転職してもらえないと報酬がでません。

サポートしてもお金にならなそうな人は、早々に見捨てられることがあります。

エージェントに対して「あまり転職する気がない」といった発言や、返信を遅くすることは避けた方がよいでしょう。

応募者は無料で使えるだけであって、転職エージェントはれっきとしたビジネスです。

2.条件が高すぎる

転職エージェントに捨てられる人の特徴2つ目は、条件が高すぎることです。

年収300万円程度の価値しかない人が、年収1000万円クラスの求人を希望しても、紹介できる求人がないので見捨てられます

高望みしないで、自分に見合ったレベルの条件を伝えるようにしましょう。

また、以下のケースもアウトなので注意してくださいね。

  • 第二新卒に特化した転職エージェントに30代が登録する

転職エージェントは、年齢や年収といった枠組みで特化しています。

「20代特化」「30代特化」「ハイクラス特化」といった感じです。

 

ゆん
転職エージェントの強みはそれぞれ違うので、自分に合ったサービスを利用することが重要ですよ。

 

3.人として終わっている

転職エージェントに捨てられる人の特徴3つ目は、人として終わっていることです。

社会人としてマナーや常識がない人を転職させるわけにはいかないので、見捨てられます

「人として終わっている」とは、

  • 敬語が使えない
  • 横柄な態度
  • 時間を守れない
  • 返信が遅い

など、一般的な常識を守れない人のことをいいます。

エージェントも人間です。

横柄な態度で威圧されたり、ため口で命令されたり、誠実に対応しても無下にされたりしたらやる気が失せます。

エージェントに「この人は希望の転職先にいかせてあげたい!」と思わせるような態度で接しましょう。

ゆん
転職する決断ができていないと、エージェントに見抜かれて相手にされないこともあります。まずは自分と向き合うことが重要です。

 

>>>転職を決断できない理由と対処法【3つの不安が原因です】

【確認】転職エージェントから見捨てられた人に起こる3つの変化

ここでは、転職エージェントから見捨てられた人に起こる変化をご紹介します。

もしかして、自分は捨てられたのかな?」と不安な方は確認した方がよいでしょう。

  1. 連絡がこない
  2. 紹介求人数が少ない
  3. 無視される

転職エージェントに見捨てられると、上記3つの変化が起きます。

それぞれ解説しますね。

1.連絡がこない

転職エージェントから見捨てられたときに最もわかりやすいサインは、連絡が来なくなることです。

うっとうしいほど来ていたメールや電話が一切来なくなります。

連絡が来なくなって数日は、「うざかったメールがこないなぁ」と思うでしょうが、危機感を持った方がよいでしょう。

なぜなら、数日間でも連絡がこないという状況は、普通ならありえないから。

エージェントが忙しくて後回しにされている可能性はありますが、自分から連絡して無視されていないか確認してはいかがでしょう。

少なくとも安心感は得られるはずです。

2.紹介求人数が少ない

転職エージェントに見捨てられると、紹介求人数がかなり減ります。

最初のころと比べて10分の1程度しか紹介されないようなら危険です。

捨てられて、相手にされなくなるのは時間の問題といえるでしょう。

 

ゆん
紹介求人数が減っているだけの人は、まだ救いようがあります。

 

転職エージェントに見捨てられると、一切連絡が取れなくなります。

そうなる前に、後ほど紹介する「転職エージェントに見捨てられない方法」を実践すれば大丈夫ですよ。

3.無視される

転職エージェントに連絡しても返事がないケースは、見捨てられたといえます。

こちらから連絡をしても、一切反応がないのでわかりやすいです。

ただし、単に後回しにされているケースや、忘れていたことも考えられます。

数回連絡して、3日以上無視されるならアウトです。

ゆん
ちなみに、こちらから切り捨てた方がいい転職エージェントもいます。詳しくは【不要】マジうざい!ムカつく転職エージェントは切り捨てるべき理由をご覧ください。

 

転職エージェントに見捨てられる?エージェントが見捨てる理由は「コスパ」

ここでは、「なんで転職エージェントなのに、客である自分を見捨てるんだ!」という疑問を解決します。

転職エージェントが見捨てる理由は、「コスパが悪いから」。ただ1つだけです。
ゆん
転職エージェントのビジネスモデルを知れば、納得できるはずですよ。

 

転職エージェントは成果報酬型の「仲介ビジネス」です。企業からお金をもらって稼いでいます。

具体的には以下の通り。

  1. 求人を紹介する
  2. 求職者が応募する
  3. 企業が採用する
  4. 企業から人材紹介料という「報酬」をもらう

転職エージェントは、求職者からはお金をとりません。

代わりに、紹介した転職先企業から紹介料をとります。

ゆん
我々は無料で利用できるので勘違いしがちですが、転職エージェントはボランティアではありません。

 

  1. 転職意欲が低い
  2. 条件が高すぎる
  3. 人として終わっている

つまり、上記のような方に肩入れするよりも、簡単に紹介料をもらえそうな人に力を入れた方が効率よく稼げるのです。

転職できる見込みがない人を転職させるより、もともと転職成功率が高い人の支援をした方が楽に稼げますよね。

転職エージェントが見捨てる理由は「コスパが悪いから」。

非常に合理的な理由です。

転職エージェントに見捨てられないようにする方法3選

ここでは、転職エージェントに見捨てられないようにする方法をご紹介します。

以下の3つを実践すれば、転職エージェントを味方につけてスムーズに転職できるでしょう。

  1. 熱意を見せる
  2. 無茶を言わない
  3. 「ありがとう」を伝える

どれも基本的なことですが、意外とできていない方が多いです。

1.熱意を見せる

転職エージェントに見捨てられないようにする方法1つ目は、熱意を見せることです。

自分から積極的に連絡を取り、「転職したい!そのためには努力をいとわない!」という意思表示をしましょう。

転職エージェントは複数の応募者を受け持っていることが多いので、自分から連絡すれば優先順位が高まるメリットもあります。

 

ゆん
メールなどに対するレスポンスの早さでも熱意は伝わります。

 

2.無茶を言わない

転職エージェントに見捨てられないようにする方法2つ目は、無茶を言わないことです。

高すぎる希望を伝えている場合は、希望年収の引き下げや条件の変更を申し出ましょう。

希望を引き下げることで、転職エージェントは求人を紹介しやすくなります。

求人を紹介できれば転職エージェントにも報酬が見込めるので、しっかりサポートしてくれるはずです。

3.「ありがとう」を伝える

転職エージェントに見捨てられないようにする方法3つ目は、「ありがとう」を伝えることです。

他のどのサイトにも書かれていませんでしたが、転職エージェントに「感謝」を伝えていますか?

サポートしてもらうことが「当たり前」だと思っていたら、今すぐ考えを改めた方がよいでしょう。

なぜなら、腹の底で思っていることは態度に現れるから。

無意識のうちに転職エージェントから見捨てられるような態度をとっているかもしれません。

 

ゆん
「どうせ報酬のためだろ?」なんて思わずに接する方が、あなたにとってのメリットも大きいですよ。

 

転職エージェントに見捨てられたときの対処法2つ

前章では、転職エージェントに「見捨てられないようにする方法」をご紹介しました。

ここでは、転職エージェントに「見捨てられたときの対処法をお伝えします。

対処法は以下の2つです。

  1. 担当を変更する
  2. 転職エージェントを変更する

転職エージェントに見捨てられると世界の終わりのような気分になるかもしれませんが、なんとかなりますよ。

1.担当を変更する

転職エージェントに見捨てられたときの対処法1つ目は、担当を変更することです。

担当の変更は高確率で受け入れてもらえますよ。

なぜなら、転職エージェント側に問題がなかったとは言い切れないから。

担当が何人か変更しても見捨てられるようなら、「応募者に問題アリ」として切られる可能性があります。

担当ではなく、「転職エージェントサービス」そのものに切られたらアウトですね。

ゆん
担当変更を遠慮する必要はありませんよ。ビジネスですから。

 

2.転職エージェントを変更する

転職エージェントに見捨てられたときの対処法2つ目は、転職エージェントを変更することです。

担当ではなく、転職エージェントそのものを変えれば「見捨てられた」失敗を活かしてやり直せます。

転職エージェントごとに扱っている求人や得意ジャンルが違うので、変更しただけでうまくいく人もいるでしょう。

そもそも、転職エージェントは複数サービスを同時に使うことが基本です。

ゆん
2社程度しか使っていない方は、次章で紹介する転職エージェントに登録することをおすすめします。

 

見捨てられない!おすすめの転職エージェント

ここでは、求職者を見捨てないおすすめの転職エージェントをご紹介します。

求人の量やサポートの質も折り紙付きなので、安心してご利用ください。

doda


おすすめ度:

【公式サイト】doda

 

転職経験がない方には、サイトが使いやすいdodaが特におすすめです。

dodaは利用者満足度が90%を超える転職サービスで、求人の質・量ともに文句なしでした。

20代や第2新卒向けの求人が多く、外資系企業・メガベンチャー企業の掲載が特に多かったです。

転職サイトと転職エージェントの機能をどちらも併せ持っているため、円滑に転職活動を進めることができました。

「就職人気企業ランキング」は、転職市場動向や最新の人気企業チェックに役立ちます。

転職に不慣れな方向けのサポートも充実しているので、転職経験がない人にdodaはおすすめです。

 

>>>dodaの公式サイト(無料登録)はこちら

 

リクルートエージェント

おすすめ度:

【公式サイト】リクルートエージェント

 

リクルートエージェントは、すべてオンラインで完結できる、利用者数No1.の転職エージェントです。

求人の質・量ともに業界No.1であり、リクルートだからこそ持っているノウハウと、圧倒的な求人数で万全なサポートを受けられます。

転職サイトであるリクナビNEXTで20代向けの求人を調べ、リクルートエージェントで応募すればより効率的に進められるでしょう。

企業からの信頼も厚く、「リクルートエージェントだからOK」という理由で書類選考に通過することもあります。

レスポンスが早く、すべての流れがスムーズだったのでとてもやりやすかったです。

すべてオンラインで完結できるようになったので、在宅で転職活動を済ませたい方には特におすすめします。

 

>>>リクルートエージェントの公式サイト(無料登録)はこちら

 

パソナキャリア



おすすめ度:

【公式サイト】パソナキャリア

 

パソナキャリアは、2021年度の転職エージェントオリコン顧客満足度調査で、3年連続第1位を獲得した実績があります。

とにかくサポート体制が丁寧で、親切心にあふれた対応をしてくれますよ。

書類選考や面接対策から、言葉遣いや服装など、きめ細かいところまでチェックしてくれます。

日系・外資系ともに大手の求人が多く、登録しておくだけでも有益な情報を得ることができました。

転職活動においてすべてを丁寧にサポートしてほしい人に、パソナキャリアはおすすめの転職エージェントです。

 

>>>パソナキャリアの公式サイト(無料登録)はこちら

 

マイナビエージェント

#NAME?

おすすめ度:

【公式サイト】マイナビエージェント

 

マイナビエージェントは、未経験OKの求人が非常に多い転職エージェントです。

未経験職に飛び込みたい方には、マイナビエージェントが必須でしょう。

転職エージェントにしては珍しく、地方に支社があるので地方求人にも強いです。

非公開求人数も多いので、穴場のような求人を見つけることもできます。

学歴や専門スキル、得意分野がなくて転職先に困っている方は、マイナビエージェントで応募するのがおすすめです。

 

>>>マイナビエージェントの公式サイト(無料登録)はこちら

 

JAC Recruitment

おすすめ度:

【公式サイト】JAC Recruitment

 

JAC Recruitmentは、外資・日系の大手の役職求人が多い、ハイクラス人材に特化した転職エージェントです。

求人の年収は800万円~1000万円と高く、20代よりも30代以上のミドル世代向けのハイクラス求人が多めにあります。

ハイクラスに特化しているので、担当者であるエージェントの質も非常に高い印象を受けました。

企業の採用担当者とやり取りをしているエージェントが、面接対策として情報をくれるのも素晴らしいと思います。

JAC Recruitmentは、外資系・日系大手を問わず、ハイクラスの求人に応募したい人におすすめの転職エージェントです。

 

>>>JAC Recruitmentの公式サイト(無料登録)はこちら

 

上記で紹介した転職エージェントは、すべてではありません。

さらに詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

転職成功率を高めるちょっとした小技も紹介しています。