職場の嫌いな人を辞めさせたい!と考えるのは危険【根本的な解決策】

職場の嫌いな人を辞めさせたい!いい方法はないの?
職場の嫌いな人を自主退職させたい。リスクは取りたくない。

このような悩みを解決します。

職場に嫌いな人がいると、仕事にも行きたくないし集中できませんよね。

「何とかして辞めさせたい!」と思うのも無理ないでしょう。

 

ゆん
職場の嫌いな人を辞めさせたい気持ちはわかる。だけど、リスクが伴うから注意しよう。

 

そこで今回は、職場の嫌いな人を辞めさせる方法(リスクあり)と、嫌いな人に対する根本的な解決策(リスクなし)をまとめました。

最後まで読めば、職場の嫌いな人を低リスクで辞めさせる方法と完璧な対処法がわかり、仕事のストレスを大きく減らせるでしょう。

転職は気楽にする時代です

  • めんどうな書類作成や面接日程調整は、転職エージェントに丸投げでOK
  • 料金は完全無料なので使い放題。
  • 社会人の2人に1人が転職しています。

 

ゆん
僕は2回転職して年収が100万円ほど上がりました。人間関係の悩みも解消されて、気楽に働けています!

 

本当に役立った転職エージェント

doda

  • 利用者満足度で最高評価(業界第1位)を獲得。
  • 求人数は13万件以上であり、業界第2位の規模。
  • 20代、30代向けの求人が量・質ともに定評あり。
  • エージェントの質が平均的に高く、初心者でも安心。

リクルートエージェント

  • 転職成功実績が第1位。
  • 求人数が圧倒的業界NO.1(35万件以上)。
  • 非公開求人は業界最多の18.4万件以上。
  • オンラインでの対応もOK。

パソナキャリア

  • 業界第3位の求人数。
  • サポートの手厚さが全サービスで最高評価。
  • 女性向け案件が多く、対応の良さが評判。
  • 東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪/名古屋の求人が豊富。

JAC Recruitment

  • 30代以上のハイクラス求人に特化。
  • ハイキャリア・高収入の転職で実績No.1。
  • 担当者が優秀で、提案力が極めて高い。
  • 外資系・日系のハイクラス向け求人の量・質に定評あり。

職場の嫌いな人を辞めさせたいと思うのは普通?

職場に嫌いな人がいるのは、ぶっちゃけ普通です。

いろいろな価値観を持った人が集まるのが職場なので、合う人合わない人がいて当然でしょう。

ただし、職場の嫌いな人を「辞めさせたい」と思うのは危険かもしれません。

なぜなら、自分の理想を押し付けようとしているからです。

  • 仕事が遅い
  • 仕事を覚えない
  • 話し方がムカつく
  • 臭い
  • 顔が嫌い

職場の人を嫌いになる理由は人それぞれですし、それは何ら問題ないですよ。

問題なのは、「あいつ気に入らないから消えてもらおう」とか、「あいつムカつくからいじめてやる」と考えてしまうことです。

気に入らないなら近寄らなければいいだけですし、嫌いなら関わらなければいいだけでしょう。

職場の嫌いな人が辞めてほしいと思うだけなら普通ですが、辞めさせるために危害を加えようとするのは危険です。

パワハラやモラハラ認定されて、訴訟問題になるかもしれません。

【低リスク】職場の嫌いな人を辞めさせる方法4選

ここでは、職場の嫌いな人を辞めさせる方法をご紹介します。

上で話した通り、相手に危害を加えるのはアウトです。

嫌いな人が「危害を加えられた」と認識せず、勝手にやめてるように誘導する方法を厳選してまとめました。

職場の嫌いな人を辞めさせる方法はいくらでもありますが、自分がハラスメントで訴えられるリスクが少ない方法を3つだけ紹介しますね。

1.上司に相談する

低リスクで職場の嫌いな人を辞めさせる方法1つ目は、上司に相談することです。

辞めさせたい人が無能で、周囲に迷惑が掛かっている場合に有効な方法ですね。

嫌いな人のせいで仕事が滞っていることを訴えられればOKです。

具体的にどんな被害を受けたのか証拠に残しておくことで、スムーズに辞めさせられるでしょう。

上司が無能なら使えない上司を操り人形にして最高の上司に!対処するのではなくうまく使う方法をご覧ください。

なおのことやりやすいです。

2.さりげなく仕事を押し付ける

低リスクで職場の嫌いな人を辞めさせる方法2つ目は、さりげなく仕事を押し付けることです。

めんどくさくて避けられがちな仕事を、さりげなくお願いしてやってもらいましょう。

掃除や雑用など、誰もが避ける仕事を押し付けられればいいのですが、パワハラだと思われたら終わりです。

あからさまにやるのではなく、「私の価値はこんな仕事をする程度しかないんだ」と思わせて自尊心を破壊しにいきます。

遠回しなメンタル攻撃なら、あなたが非難される可能性も低いですよ。

 

ゆん
さりげない精神攻撃は最強。あからさまにやるとパワハラだから注意。

 

3.孤立させる

低リスクで職場の嫌いな人を辞めさせる方法3つ目は、孤立させることです。

周囲に働きかける必要があるのですが、はっきり「孤立させろ」といってはいけません。

職場いじめ、パワハラだと思われるからです。

「あの人だめだなぁ」「あの人とは関わりたくない」と、周囲が勝手に思うように仕向けることがポイントになります。

辞めさせたい人が無能だったり、正確に問題があったりして、もともと嫌われていればやりやすいですよ。

具体的な嫌がらせをもっと知りたい人は、【最高の復讐】パワハラ上司への仕返し決定版!合法的に地獄に落とす方法をご覧ください。

上司だけでなく、同僚や部下にも使えます。

【注意】職場の嫌いな人を辞めさせるのはリスクが伴う

ここでは、職場の嫌いな人を辞めさせることにはリスクが伴うという話をします。

最悪の場合、あなたがクビになるかもしれません。

1.周囲から白い目で見られる

職場の嫌いな人を辞めさせることのリスク1つ目は、周囲から白い目で見られることです。

もしあなた以外の誰かが、職場の誰かを裏でやめさせようとしていたらどう思いますか?

ドン引きする人と、「いいぞ」と思う人で二極化するはずです。

あなたが嫌いな人を辞めさせようとしていることがバレたら、あなたを白い目で見る人は必ず出ます。

職場の嫌いな人を辞めさせたいなら、仲が良い人からも嫌われる覚悟をもってください。

2.上司からの評価下がる

職場の嫌いな人を辞めさせることのリスク2つ目は、上司からの評価下がることです。

上で話した通り、どんなにうまくやっても必ず何人かにはバレます。

それを上司に告げ口されたら、あなたがペナルティを受けるでしょう。

嫌いな人をやめさせようとして、あなたが辞めさせられる可能性もあります。

評価が下がっただけならマシかもしれませんね。

3.パワハラでクビになるかも

職場の嫌いな人を辞めさせることのリスク3つ目は、パワハラ認定されてクビになることです。

ハラスメントは、相手が嫌な思いをしたかどうかで決まります。

つまり、あなたがうまくやっているつもりでも、やられた方が「ハラスメント」だと思ったら終わりなのです。

ハラスメント=懲戒免職が普通の時代になりつつあるので、リスクを考えたうえで嫌いな人を辞めさせたいか考えましょう。

【リスクなし】職場の嫌いな人に対する根本的な解決策

職場の嫌いな人を辞めさせることはリスクが伴うという話をしました。

ここでは、リスクを伴わずに、職場の嫌いな人に対処する方法をご紹介します。

嫌いな人を辞めさせるという発想から離れて、根本的な解決をしましょう。

1.異動申請する

リスクなしで職場の嫌いな人に対する根本的な解決策として、異動申請することがあります。

嫌いな人を辞めさせてるのではなく、自分から離れて平和を手に入れる方法です。

異動申請は上司か人事部に相談すればできます。

無駄なストレスを抱えて働くより、戦略的撤退をして自分の人生を守る方が賢いですね。

上司が嫌いな人は、【対処法】嫌いな上司と話したくない!顔も見たくない上司とうまくやる方法が役立ちます。

2.無関心になる

リスクなしで職場の嫌いな人に対する根本的な解決策の2つ目は、無関心になることです。

辞めさせたいほど嫌いな人相手に、イライラしてあげる必要なんてないですよ。

好きの反対は嫌いではなく、無関心です。

完全にスルーしましょう。

あなたが辞めさせたいほど嫌っている人を、そこらの雑草や石ころと同じ価値しかないゴミだと思うのです。

仕事の関係で話すことがあっても、ゴミ相手だと思えば何とも思えませんよね。

3.転職する

リスクなしで職場の嫌いな人に対する根本的な解決策の3つ目は、転職することです。

嫌いな人への嫌がらせをしつつ逃げられるので、一番おすすめです。

転職のメリット

  1. あなたが嫌いな人への嫌がらせになる
  2. ストレスの元凶から離れられる
  3. 年収や待遇がよくなる
  4. 何のリスクもない

あなたが嫌いな人が、あなたに嫉妬しているなら、キャリアアップして幸せになることでさらに追い打ちをかけられます。

一方的に殴って逃げるイメージですね。

しかもノーリスクで。

転職のデメリット

  1. 良い条件があるとは限らない
  2. スムーズにいかないかも

ただし、必ずしも良い条件の求人があるとは限りません。

スムーズに終わらなければ無駄に疲れるというデメリットもあります。

メリットとデメリットを考えて、メリットの方が大きければ転職という選択がよさそうですね。

ゆん
僕はパワハラと薄給に嫌気がさして転職しました。不安だらけでしたが、転職して人生変わりましたね。

 

職場を変えたことで関わる人や業種が変わり、フリーランスでもやっていけるようなスキルが身に付きました。

 

転職最大のメリットだと、今でも感じています。

 

本当に役立った転職エージェント

doda

  • 利用者満足度で最高評価(業界第1位)を獲得。
  • 求人数は13万件以上であり、業界第2位の規模。
  • 20代、30代向けの求人が量・質ともに定評あり。
  • エージェントの質が平均的に高く、初心者でも安心。

リクルートエージェント

  • 転職成功実績が第1位。
  • 求人数が圧倒的業界NO.1(35万件以上)。
  • 非公開求人は業界最多の18.4万件以上。
  • オンラインでの対応もOK。

パソナキャリア

  • 業界第3位の求人数。
  • サポートの手厚さが全サービスで最高評価。
  • 女性向け案件が多く、対応の良さが評判。
  • 東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪/名古屋の求人が豊富。

JAC Recruitment

  • 30代以上のハイクラス求人に特化。
  • ハイキャリア・高収入の転職で実績No.1。
  • 担当者が優秀で、提案力が極めて高い。
  • 外資系・日系のハイクラス向け求人の量・質に定評あり。