転職を決断できない理由はビジョンがないから【不安を吹き飛ばす対処法】

転職したいけど本当に転職すべきなのか決断できない
内定が出ているけど本当に承諾すべきなの?
転職しようか迷っています。こんな状態でも転職したほうがいいのかな?

このような悩みを解決します。

転職を決断しようと思っても、本当に職場を変えるべきなのか不安ですよね。

転職は一大イベントですし、失敗したくない気持ちはよーくわかります。

 

ゆん
僕は転職を2回経験しましたが、2回とも「これでいいのかな・・・」と不安でした。

 

今回は、転職を決断できないと悩んでいる人に向けて書きました。

最後まで読めば、転職を決断できない理由と対処法がわかり、自分が何をすべきなのかはっきりするでしょう。

転職先の企業がブラックかで悩んでいる人は、実際に転職して分かったホワイト企業の正しい見分け方【転職成功のコツ】で解決できます。

本記事の内容は、目次でご確認ください。

それでは行きましょう!

転職は気楽にする時代です

  • めんどうな書類作成や面接日程調整は、転職エージェントに丸投げでOK
  • 料金は完全無料なので使い放題。
  • 社会人の2人に1人が転職しています。

 

ゆん
僕は2回転職して年収が100万円ほど上がりました。人間関係の悩みも解消されて、気楽に働けています!

 

本当に役立った転職エージェント

doda

  • 利用者満足度で最高評価(業界第1位)を獲得。
  • 求人数は13万件以上であり、業界第2位の規模。
  • 20代、30代向けの求人が量・質ともに定評あり。
  • エージェントの質が平均的に高く、初心者でも安心。

リクルートエージェント

  • 転職成功実績が第1位。
  • 求人数が圧倒的業界NO.1(35万件以上)。
  • 非公開求人は業界最多の18.4万件以上。
  • オンラインでの対応もOK。

パソナキャリア

  • 業界第3位の求人数。
  • サポートの手厚さが全サービスで最高評価。
  • 女性向け案件が多く、対応の良さが評判。
  • 東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪/名古屋の求人が豊富。

JAC Recruitment

  • 30代以上のハイクラス求人に特化。
  • ハイキャリア・高収入の転職で実績No.1。
  • 担当者が優秀で、提案力が極めて高い。
  • 外資系・日系のハイクラス向け求人の量・質に定評あり。

転職を決断できない最大の理由は「ビジョン」がないから

転職を決断できないのは、いい機会です。

みなさん、恵まれていますよ。

さて、本章の本題に戻りますね。

結論、将来に対するビジョンがないから不安が生まれて、転職を決断できない状態になっているのです。

ビジョンとは、未来への見通し、人生設計図のことをいいます。

つまり、将来のことを深く真剣に考えていないから、転職が不安になって決断できないということです。

 

ゆん
何歳までにどうなりたいのか。そのためには何をすればいいのか考えれば、ビジョンは見えてきます。

 

  • 今回の転職のあと、その会社で定年まで働き続ける気はありますか?
  • 数年でスキルを磨いたら次の会社へ再転職するつもりですか?
  • 転職に失敗したらどうするか考えていますか?

 

ビジョンがあれば、転職を決断できないなんてことにはならないでしょう。

なぜなら、転職が成功しても失敗しても、目標達成のための一部に過ぎないから。

転職をゴールにするから「本当に転職すべきなのか不安」になり、決断できないのです。

 

ゆん
転職を決断できないのは、自分の人生と真剣に向き合ういい機会です。存分に悩んでください!

 

  1. 自分の人生をどういう風に生きたいのか
  2. 人生でやり遂げたいことは何か
  3. そのためにはどうすればいいのか、何をすべきなのか

まずは、上記3つを考えてください。

自然とすべきことが見えてくるはずです。

転職を決断できない人が抱く3つの不安

次に、転職を決断できない人が抱く3つの不安について解説します。

転職で悩んでいる人は、以下の不安が原因で悩まされているのです。

  1. 人間関係の不安
  2. 仕事の不安
  3. お金の不安

自分がどんな不安を抱えているのか、明確にするつもりで読んでください。

原因がわかれば対処できます。

1.人間関係の不安

1つ目は、人間関係の不安です。

具体的には、以下の3つですね。

  1. 退職に伴う迷惑はないか
  2. 転職先はブラック企業じゃないか
  3. 新しい職場にうまく馴染めるか

①は、退職によって同僚に迷惑がかかるんじゃないかという不安です。自分の仕事を他人に押し付ける形になりますからね。

②は、転職先の企業がブラック企業じゃないか心配ということです。転職エージェントを利用すれば、ブラック企業は避けられるでしょう。

③は、新しい職場で人間関係がうまくいくか不安ということです。今から悩んでも何も変わりません。悩むだけ無駄なので、コミュニケーション能力を上げる方法でも検索しましょう。

 

ゆん
人間関係の不安は、全員が抱きます。深く考えないでいいんですよ。

 

2.仕事の不安

2つ目は、仕事に関する不安です。

具体的には、以下の3つですね。

  1. 仕事についていけるか
  2. 転職先がスムーズに決まるか
  3. 自分のスキルが活かせるのか

①は、内定がでており、仕事についていけるのかという不安です。業務内容はある程度明かされているはずです。人事により詳しく説明してもらうという手もあります。

②は、転職先がスムーズに決まるのかという不安です。まだ転職先が決まっておらず、転職そのものができるか不安なパターンですね。転職先は運要素も強いので、なるようになる程度の考えでどしっと構えましょう。

③は自分のスキルが転職先で活かせるのか、という不安です。どんな形であれスキルは応用できるからスキルといえます。深く考える必要はないでしょう。

 

ゆん
考えてもどうにもならないことで考えすぎないこと!

 

3.お金の不安

3つ目は、お金の不安です。

  1. 給料が本当に上がるのか
  2. 退職後にお金が足りるのか
  3. 転職で自分の価値が下がらないか

①は、給料が本当に上がるのかという不安です。契約を違反したらブラックで確定なので、次に行きましょう。たいていは大丈夫です。

②は、退職してから次の職場で働くまでの間、お金が尽きないかという不安ですね。計画的に転職すれば解決です。どうしても足りないなら、家族から借りましょう。友人から借りるのは、関係が終わりかねないのでおすすめしません。

③は、転職で自分の価値が下がらないかという不安です。転職先の企業が大手でも、中小企業でも能力によって市場価値は決まります。精進あるのみですね。

 

ゆん
お金の不安は自分の努力でどうにかなるケースも多いです。

 

転職を決断できない人は悩みすぎ

転職できない人が抱える3つの不安を解説しました。

ポイントは、考えたところでどうにもならないことは、深く悩まなくていいということです。

悩んでも変わらないなら、悩むだけ損ですよね。

 

ゆん
自分がどの種類の不安を抱えているのかわかりましたか?次の章で、転職を決断できないという不安に対する解決策をご紹介します。

 

転職を決断できない時の対処法

ここでは、転職を決断できないときの対処法をお伝えします。

紹介するのは、テキサス大学の社会心理学者、ジェームズ・ペネベイカー教授によって開発されたストレス(不安)への対処法「ジャーナリング」です。(詳細はこちら

転職を決断できない原因である「不安・ストレス」を解消できます。

手順は以下の通りです。

  1. ペンと紙を用意する
  2. 5分間、紙に不安を書き殴る

これだけです。

 

ゆん
僕も悩んだらジャーナリングをします。本当に悩みが明確になり、対処法がわかるので驚きますよ。

 

ポイントは以下の4つです。

  1. 頭で考えずに手を動かす
  2. 誤字脱字を気にしない
  3. 脚色しないで、思った通りに書く
  4. スマホやPCなど、気が散るものは片づけておく

自分以外は誰もみないので、汚い字でとにかく不安をかき続けましょう。

毎日寝る前など、集中できる時間帯に継続すると、効果が感じやすいです。

紙にペンで不安を書くだけで、転職を決断できないと悩んでいたことが馬鹿らしくなるでしょう。

ストレスがどうしてもやばい方は、【実体験】仕事のストレスが限界な時の対処法と予防策【ヤバいサイン】をご覧ください。

転職すべきなのか決断できない時は「未来」を想像すべし

本当に転職すべきなのか決断できない人は、「未来」を想像すると解決します。

転職した未来と転職しなかった未来を頭に思い描いてください。

どちらの方が、あなたにとって幸せですか?

転職した方がいいのかわからないと悩むほど、不安に感じているのはわかります。

不安がすべて現実にならないと仮定してください。

すべてうまくいったときの「転職した未来」「転職しなかった」未来が想像できたら、どちらの人生を歩みたいか決めるのです。

答えは出ましたか?

 

ゆん
退職すると、人生が進んだ気がしてワクワクします。退職した後のことは、【実体験】仕事辞めたら心がスッキリ!人生が楽しくなった理由【後悔なし】でまとめました。

 

転職を決断できないなら他人に任せてもいい

自分では転職を決断できないなら、転職のプロである転職エージェントに相談するという方法もあります。

客観的な意見をくれるので、あなたにとって最適な判断が下せるでしょう。

登録・利用は完全無料なので安心してください。

ゆん
僕はパワハラと薄給に嫌気がさして転職しました。不安だらけでしたが、転職して人生変わりましたね。

 

職場を変えたことで関わる人や業種が変わり、フリーランスでもやっていけるようなスキルが身に付きました。転職最大のメリットだと、今でも感じています。

 

本当に役立った転職エージェント

doda

  • 利用者満足度で最高評価(業界第1位)を獲得。
  • 求人数は13万件以上であり、業界第2位の規模。
  • 20代、30代向けの求人が量・質ともに定評あり。
  • エージェントの質が平均的に高く、初心者でも安心。

リクルートエージェント

  • 転職成功実績が第1位。
  • 求人数が圧倒的業界NO.1(35万件以上)。
  • 非公開求人は業界最多の18.4万件以上。
  • オンラインでの対応もOK。

パソナキャリア

  • 業界第3位の求人数。
  • サポートの手厚さが全サービスで最高評価。
  • 女性向け案件が多く、対応の良さが評判。
  • 東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪/名古屋の求人が豊富。

JAC Recruitment

  • 30代以上のハイクラス求人に特化。
  • ハイキャリア・高収入の転職で実績No.1。
  • 担当者が優秀で、提案力が極めて高い。
  • 外資系・日系のハイクラス向け求人の量・質に定評あり。

 

ゆん
転職エージェントとは相性問題があります。相性が悪いと転職活動がうまくいかないので、3社以上の利用がおすすめです。

 

転職活動の始め方や、内定をとるためのコツは以下の記事でまとめています。

上記4社以外に役立つ転職サービスも紹介しているので、登録済みの方は以下の記事をご活用ください。