転職初日が怖いのは当たり前!不安と緊張を解消して乗り切る方法を紹介

転職初日が怖いのは当たり前!不安と緊張を解消して乗り切る方法を紹介

転職初日が怖いのは当たり前!不安と緊張を解消して乗り切る方法を紹介

転職初日を迎えることが怖い。不安と緊張を解消したい
転職初日が怖いのって普通?自分以外も不安なの?
転職初日にしておくべきことを知りたい!

このような悩みを解決します。

転職初日・入社初日は不安でいっぱいですよね。

怖いと感じるのが普通です。

ゆん
僕は転職を2回経験しましたが、どちらも初日が一番緊張しました。

 

今回は、転職初日・入社初日が怖いという不安を解消する方法をまとめました。

最後まで読めば、転職初日の不安や緊張がなくなり、2日目以降も安心して出勤できるようになるでしょう。

転職初日が怖い!不安を感じるのは当たり前

転職初日・入社初日は、怖いと感じて当然です。

不安なのはみんな同じなので、気負い過ぎないでくださいね。

通勤ルートは違うし、職場の人間は知らない人しかいないし、どんな業務を任されるのかも知らない。

不安になって、緊張するのが当たり前でしょう。

重要なのは、転職初日・入社初日が怖いと感じること、不安や緊張とどのように向き合うかということです。

ゆん
ちなみに、転職初日に不安だったこと圧倒的第一位は、「人間関係・職場の雰囲気」です。

 

job change first day anxiety

出典:https://media.bizhits.co.jp/

 

転職初日に不安だったことは、「人間関係・職場の雰囲気」が全体の7割を占めています。

他には、「仕事ができるか」「うまく挨拶・自己紹介ができるか」が2位・3位と続きました。

つまり、誰もが何かしらの不安をもちながら転職初日を迎えているということです。

転職初日・入社初日が不安でいっぱいになって怖いのは、当然のことなんですよね。

大事なのは、不安や緊張とどう向き合うかということです。

プレッシャーが怖いと思い、なにもしないまま転職初日を迎えれば、あなたにとって良くない日になるかもしれません。

一方で、きちんと対策を練って挑めば、2日目以降も素晴らしい生活を送ることができるでしょう。

自分のために、転職初日は十分準備してから臨むようにしたいですね。

転職初日が怖い!不安と緊張を解消できた6つの方法

転職初日に不安を感じる理由は、経験がないことをするからです。

見慣れない風景、使い慣れない電車やバス・車、知っている人がいないオフィスなど、初めての連続だから不安で緊張して怖くなります。

つまり、準備をきちんとしておけば、ある程度の不安や緊張を和らげることが可能です。

やるべきことを淡々とこなせば、いつのまにか転職初日の不安や怖さは忘れていますよ。

1.持ち物などの準備は前日に終わらせる

持ち物などの準備は前日に終わらせておき、転職初日の朝に、バタバタと慌てることがないようにしましょう。

具体的には、以下のリストを参考に準備してください。

  • スーツやネクタイなどは着やすいように出しておく
  • 自己紹介文を考えておく
  • 持ち物(必要書類や筆記用具など)はバッグにいれておき、すぐに出られるようにする
  • 菓子折りは場合によって用意する(挨拶のきっかけになる)

また、転職初日は余裕をもって家を出るようにした方が良いです。

電車やバスは止まる可能性がありますし、車通勤でも自己渋滞にはまるかもしれません。

ゆん
転職初日は、就業開始時刻の30分前には会社に着くようにしていました。

 

早くいきすぎても迷惑なので、会社の位置を確認してから、近くのカフェなどでリラックスすれば、挨拶もスムーズにできます。

2.出勤ルートを完璧に把握しておく

出勤ルートは完璧に把握しておけば、転職初日の不安や緊張を軽減できます。

例えば電車で行く人は、「○○線で○○駅まで行って、そこからこの道を通って〇分で到着する」といったように、イメージするとわかりやすいです。

可能なら、異常事態に備えて複数の通勤ルートを考えておきましょう。

経験上、「こうなったらこうする」と、事前に対策を決めておけば不安が和らぎます。

電車の場合、バスの場合と、2パターンで考えておけば十分です。

もしどちらもダメな場合は、タクシーを使うという手があります。

たかが通勤ルートとは思わず、最悪の状況まで想定することで転職初日の不安がなくなり、怖いと思わなくなるでしょう。

3.出社後はどうすればいいのか確認しておく

転職初日の出社後の流れを、事前に担当者の方と決めておけば、安心してはじめての職場でも対応できます。

経験上、メールで段取りを確認したほうが良いです。

電話だと担当の方の時間を奪うことになりますし、手違いがあった場合に反論できません。

おそらく、「転職初日は〇時に○○室にきて、待機していてください」などと指示をもらえるはずです。

ゆん
早く着きすぎてもマナー違反なので、できればオンタイムでいきましょう。

 

4.挨拶は相手の目を見てハキハキとする

転職初日の挨拶ほど緊張することはないですよね。

事前にあいさつ文を考えておき、当日はスラスラと話せる状態にしておきましょう。

ポイントは、転職初日の挨拶だけでも、相手の目を見てハキハキと話すことです。

人間は、目を見て話すだけでも相手に対する好感度や信頼度が高まります。

転職初日の挨拶は、自分の第一印象を決定される非常に大事なイベントです。

満遍なく視線を配りながら、ハキハキとあいさつすることを心がけましょう。

ゆん
人前で話すのが苦手な人は、最初の挨拶だけ頑張りましょう。アドバイスは、・・・80%を目指して頑張れ!

 

5.睡眠は8時間とるようにする

睡眠を8時間以上取れば、メンタルが安定して転職初日の不安や緊張が和らぎます。

起きた時によく寝たなぁ、全然眠気がないと感じられればいいので、6時間で十分な人は6時間で大丈夫です。

緊張して眠れなくなる人は、転職初日の前日に眠れるように工夫しましょう。

睡眠は本当に重要です。

脳と体のコンディションを整えて、万全な状態で転職初日を迎えるようにしましょう。

6.先のことを考えすぎない

転職初日のこと以外は、深く考えないようにすれば、不安や怖いと感じることが減ります。

転職初日以降のことなんて、考えても何も変わらないですよね。

人間関係や職場の雰囲気、仕事ができるかが気になるのはわかります。ただ、悩んだところで変えられるものではありませんよね。

まずは転職初日・入社初日をきちんと乗り切り、先のことは考えないようにしましょう。

ゆん
まずは転職初日です。無理そうならずる休みして、心を整えてもいいんですよ。

 

転職初日が怖い!どうしても不安な人へ

ここでは、どんなに対処法を実践しても転職初日・入社初日が怖いという人に向けた内容です。

結論、転職初日はなるようになるので、重く考えないようにしましょう。

筆者は2回転職しましたが、2回とも「なるようになるから大丈夫!」という心意気で転職初日を迎えました。

その結果、どちらもうまくいったので、根拠がなくとも「大丈夫」と思い込むことが重要です。

ただし、転職初日・入社初日が怖いからといってサボるのだけは避けましょう。

二度と雇ってもらえなくなる可能性がでてきますし、会社にも迷惑がかかるためです。

完璧にうまくやろうとしなくていいので、自分ができることを集中してやりましょう。

仮に、転職初日に失敗したとしても、次の日から話しかけるネタにできるので、深く考えなくていいんですよ。

転職初日が怖い!乗り越えてから1か月が勝負

ここでは、転職初日・入社初日の怖さを乗り越えたら、1か月で人間関係構築の勝負をすべきという話をします。

転職すると、最初の1か月は間違いなく研修扱いです。

つまり、どんなにアホな質問をしても、どんなにあり得ないミスをしても許されます。

研修期間なので、誰に話しかけても答えてくれますし、話題は仕事のことでOKなので考える必要もありません。

最初の1か月は積極的に話しかけて、自分が困ったときに助けてくれる人を増やしまくりましょう。

ゆん
仕事の話にはじまり、好きな食べ物とか趣味とか、当たり障りのないことに話題を広げていけば異性とも話しやすいですよ。

 

コミュニケーションで大事なのは、以下の2つです。

コミュニケーションのコツ

  1. 相手の目を見て話すこと
  2. 話すこと2割:聞くこと8割を意識すること

相手の目を見て話すことが苦手な人は、鼻を見ましょう。

そっぽを向いて話すと、好感度が駄々下がりなので注意です。

また、相手の話を聞くことに集中して下さい。

自分が話すのは、全体の2割程度で十分です。

人は自分の話を聞いてくれる人に好感を持ちます。

聞き役に徹すれば、勝手に良い印象をもってくれるでしょう。

転職初日の不安を乗り切ったら、2日目以降の自分のために、人間関係の構築を頑張ってください。

居心地の良い職場になることを祈っています。

転職初日で続けられるか不安になったら

転職初日で「この職場はダメだ」と不安になった場合の話をします。

結論、3か月は続けてみて、それでもだめなら転職しましょう。

3か月もたてば、ある程度の人間関係が構築されて、仕事内容もなんとなくわかるようになっていますよね。

だいたいでいいので職場や仕事のことが分かってから、辞めるか続けるかの判断をしましょう。

猫さん
3か月続けるのはわかったけど、転職活動で不利にならない?

 

ゆん
次の職場もすぐに辞められると思って、不利になる可能性はありますね。

 

反対に「なぜ3か月で辞めたのか」を論理的に話せれば、使える人間だと思われて採用チャンスが上がることもあります。

一番してはいけないことは、合わない職場で頑張り続けることです。

仕事休みたいは甘えではなく心の叫び【精神的な理由なら危険信号】でまとめていますが、転職しないと僕のように精神疾患になるかもしれません。

転職した直後に仕事を辞めることは、大きな決断です。

それでも、無理して続けて心と体を壊すよりは万倍マシだと断言します。

まとめ:転職初日が怖いのは当たり前!合わないなら辞めてもいい

転職初日が不安で怖いのはみんな同じです。

新しい環境で、会ったことがない人と出会い、やったことがない仕事をするのだから不安になるのは当然。

大事なのは、以下に転職初日の恐怖心と向き合い、次に続けるかということです。

事前に準備しておけば、ある程度は転職初日の不安を和らげることができるので、準備は怠らないようにしたいですね。

ゆん
もし、転職したばかりだけど合わないと感じたら、再転職することもできます。

 

転職は企業とのマッチングであり、相性確認のようなものです。

正社員を1ヶ月で辞めるのはアリ?早期退職のリスクと確実に退職する方法でもまとめていますが、合わないと感じたら無理に頑張るのではなく、合う職場を探した方が精神的にも良いですね。

今回は、以上です。