転職活動に疲れた20代は休め!転職中断のメリット・デメリット

20代だけど落ちてばかりで転職に疲れた。働きながら転職するとか辛すぎる。
転職したいのに疲れてやる気が出ない。対処法があるなら知りたい。
転職活動に疲れたら休んでもいいの?休むメリット・デメリットを教えて!

このような悩みを解決します。

20代で転職活動を始めたはいいものの、お祈りされてばかりでは精神的にも疲れますよね。

「あれだけやる気があったはずなのに、嘘みたい・・・」と、信じられない方もいるでしょう。

転職活動に疲れた20代には、休むことをおすすめします。十分な休息を取るだけで、内定獲得に近づきますよ。

 

ゆん
僕は20代で2回転職しました。疲れた時は思いっきり休んでいましたが、1か月以内に内定を数社から取れましたよ。

 

本記事では、転職活動に疲れた20代が休むべき理由や、休むことのメリット・デメリットをまとめました。

最後まで読めば、転職活動に疲れた20代がすべきことがわかり、内定獲得に大きく近づけるでしょう。

本記事の内容は、目次でご確認ください。

それでは、参りましょう!

【対処法】転職活動に疲れた20代は「休むこと」が正解

本記事の結論から申し上げます。

転職活動に疲れた20代は、徹底的に休んでください。休むことは、転職活動成功に必要な行為です。

なぜなら、20代の転職はポテンシャル採用だから。

元気がない時点で見込みがありませんし、時間と体力・精神力・交通費などの無駄ですよ。

 

ゆん
20代の転職は30代と違い、実績や経験は必要ありません。ほぼ100%将来性を買われています。

 

将来性(ポテンシャル)を見込まれて採用されるのに、疲れ果てて元気がない20代が面接にやってきたら、面接官はどう思うでしょうか?

おそらく、一目見ただけで「この人はダメ」と思うことでしょう。

だからこそ、疲れた時は休んで体力回復に専念した方がいいのです。

休んでいる期間は、遠回りしている気分になると思います。

焦るかもしれませんが、「急がば回れ」ですよ。

 

ゆん
休んでいるときにしかできないことがあります。転職に失敗する人の多くは、以下の3つができていません。

 

  1. 転職の目的を明確にする
  2. 自分を客観的にみて反省する
  3. 応募数を減らす

休んでいるときに、上記3つを振り返ってみてください。

反省と改善なくして転職活動は成功しません。

採用される人の特徴が知りたい方は、転職が半年以上決まらないのはヤバイ!【採用される人の特徴とは?】もご覧ください。

20代の転職活動は大変?疲れて当たり前の理由3つ

ここでは、20代の転職活動で疲れる理由を解説しますね。

原因を知れば対処できるので、自分に当てはまるものがないかチェックすることをおすすめします。

20代の転職活動で疲れる原因は、主に下記の3つです。

  1. 働きながら転職活動しているから
  2. 内定が出ないから
  3. 戦略を練っていないから

肉体的、精神的な疲労が重なることで転職活動に疲れます。

それぞれ詳しく解説していきますね。

1.働きながら転職活動しているから

20代の転職活動で疲れる理由の1つ目は、働きながら転職活動しているからです。

年齢に限らず多くの方が該当するかもしれませんが、20代ではより顕著にみられるでしょう。

なぜなら、20代は貯蓄がない人が多く、働きながら転職活動しないとお金がないから。

家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] 令和2年調査結果によると、20代の平均貯金額は113万円ということがわかりました。

平均で113万円と聞くと、「予想より多い・・・」と思ったかもしれませんが、これは平均値です。

平均値は、外れ値に大きく影響を受けるので当てになりません。

 

ゆん
そこで、貯蓄額が普通より多いのか少ないのかわかる指標の中央値もチェックしました。

 

すると、20代の貯蓄額の中央値は8万円ということがわかったのです。

中央値とは、データを多い順に並べかえたとき、中心に来る値のことですよね。

つまり、貯蓄額が8万円程度しかない20代ほとんどなのです。

転職活動に集中するために退職したくても、お金がなくて退職できないのが20代の転職事情といえます。

しかし、働きながら転職する状況の方が、転職しやすいかもしれませんよ。

なぜなら、お金の心配がないし、早く転職を終わらせるために集中せざるを得ないからです

 

ゆん
20代で転職を2回した身しては、働きながら転職する方が疲れるけど効率的だと思いました。

 

働きながら転職活動することが辛い人、難しい人は、仕事しながら転職活動が辛いときの対処法3選!【働きながら転職するコツ】を参考にしてください。

2.内定が出ないから

20代の転職活動といえば、一番内定が出やすく苦労しないイメージですよね。

だからこそ、内定が出ないことで精神的に疲弊して、「疲れた」と思ってしまいがちです。
転職活動に限らず、うまくいかなければやる気が失せますよね。
また、内定が出ないことによる焦りが原因で、精神的・肉体的な疲労が加速しているケースもあります。

転職は情報戦です。

焦って周りが見えていない方は、しっかりと休むことをおすすめします。

3.戦略を練っていないから

20代の転職活動で疲れる理由の3つ目は、戦略を練っていないからです。

転職は情報戦なので、情報量の多さが勝敗を分けます。

情報取集を怠り、「ここよさそう!」とか、「ここで働きたい!待遇いいし楽そう!」なんてノリで応募していませんか?

それでは落ちて当たり前です。

転職できる人は、情報をもとに考えた戦略と覚悟があるから採用されています。

情報収集不足だと自覚がある方は、転職活動に疲れた20代は休むが勝ち!転職中断のメリット・デメリットをご覧ください。

転職がうまくいかない理由と、どうすれば転職できるのかわかります。

転職活動に疲れて休むことのメリット

転職活動に疲れて休むことのメリットは以下の3つです

「休んだら遅れてしまう!」と不安な方は、メリットを考えたうえで判断してもらえればと思います。

  1. 気力・体力が回復する
  2. 余裕が生まれて冷静になれる
  3. 反省する時間ができる

1つずつ解説しますね。

1.気力・体力が回復する

転職活動に疲れて休むことのメリット1つ目は、気力・体力が回復することです。

回復するために「休む」なんて、当たり前ですよね。

わざわざ書いた理由は、しっかり休めている人が少ないからです。

  • 帰宅しても、何もしたくない
  • ベッドに行くと一瞬で眠ってしまう
  • 休日は家でだらだらして終わってしまう

 

ゆん
上記は、しっかり休めていないせいで疲労がたまっている人にみられる特徴です。

 

対処法は、長めの休暇をとって趣味などに打ち込み、仕事から完全に離れることしかありません。

体調を崩して計画が狂うより、休むべき時に休んで行動した方がよいのではないでしょうか。

2.余裕が生まれて冷静になれる

転職活動に疲れて休むことのメリット2つ目は、余裕が生まれて冷静になれることです。

転職活動に疲れる理由は、内定が出なくて余裕がないからですよね。

逆に言えば、余裕があれば転職を順調に進められるということです。

休むことで体力・気力が回復します。

すると、余裕が生まれますよね。

余裕があれば、反省と改善に使える時間も作れるでしょう。

転職活動を順調に進めるためには冷静さが必要であり、冷静さを持つためには余裕が必要なのです。

3.反省する時間ができる

転職活動に疲れて休むことのメリット3つ目は、反省する時間を意図的に作れることです。

落ちてばかりだと気持ちの切り替えができなくて、反省する時間を作るのが難しいですよね。

だからこそ、「休む」ことでうまれた時間が重要になってくるわけです。

反省なくして改善できず、改善なくして内定は獲れません。
なぜなら、自分が落ちた原因を把握しなければ落ち続けることになるから。
ペーパーテストでも、間違えた問題を復習するから解けるようになりますよね。

転職に失敗と改善はつきものです。

反省して次につなげることが、内定への近道といえます。

 

ゆん
転職がうまくいかない人は迷いがあるからかもしれません。詳しくは、本当に転職していいのか悩んでいる人が知るべき3つの事実をご覧ください。

 

転職活動に疲れて休むことのデメリット

次に、転職活動に疲れて休むことのデメリットを3つご紹介します。

  1. 無職(現職)の期間が延びる
  2. 休みすぎると逆効果
  3. 優良求人がなくなる可能性がある

転職活動を中断することのデメリットは3つです。

メリットと比較して、自分は休むべきか、休まない方がいいのか考えてくださいね。

1.無職(現職)の期間が延びる

転職活動に疲れて休むことのデメリット1つ目は、無職(現職)の期間が延びることです。

退職してから転職活動する人は、一時的に無職になっていますよね。

転職活動を休んでいる分、無職でいる時間も当然延びます。

無職期間が長ければ長いほど、転職難易度は上がっていくので、不利になるかもしれません。

また、働きながら転職活動している方は、現職で働く期間が必然的に延長されます。

辛い思いをしながら働いているのであれば、辛い時間が確定で延びることを頭に入れておいてください。

2.休みすぎると逆効果

転職活動に疲れて休むことのデメリット2つ目は、休みすぎると逆効果になることです。

なぜなら、「転職がめんどくさい」と思ってしまうから。

GW後に増える「新型うつ病」と同じ原理です。

ここからここまでは休む!この日からは転職を再開する!」と、決めておく必要があります。

人間は怠惰な生き物です。

楽な方へ、楽な方へと流されないように、対策をとっておくことが大事でしょう。

3.優良求人がなくなる可能性がある

転職活動に疲れて休むことのデメリット3つ目は、優良求人がなくなる可能性があることです。

有料求人とは、給与や福利厚生といった条件が優れている求人のことを言います。

条件が良いということは、多くの人が狙っていて応募が殺到するということです。

心身回復のために休んでいる間に、あなたが狙っていた求人に応募があって採用されてしまうリスクがあります。

「狙っていた求人がなくなってる!」なんてリスクがあることをご承知おきください。

ゆん
「結局、どうすればいいの?」と思ったでしょうが、自分で悩んで決めてください。あなたの人生ですからね。

 

【注意点も】転職活動に疲れて休む期間はどのくらいがいい?

転職活動に疲れたら休むことのメリット・デメリットをお話しました。

ここでは、具体的にどのくらいの期間休めばいいのか、休むときの注意点などをお伝えします。

押さえてほしいのは、以下の2つです。

  1. 1か月程度で休む期限を決めること
  2. 何もしない期間+反省期間を分けて作ること
まずは、どのくらいの期間休むのか決めましょう。

休みすぎてもやる気がなくなってしまいます。

少し長めの有休のイメージで、転職活動を「中断」することが第一ステップです。

 

ゆん
2週間は短いので、1か月程度を目安にするといいかもしれません。

 

休む期間を決めたら、「何もしない期間」と「反省する期間」をそれぞれ配分してください。

何もしない期間(3週間)と、反省する期間(1週間)といった具合です。

しっかりと休めば、自然とやる気ができてます。

やる気が復活したら、反省期間に移行してOKです。

だだし、転職エージェントには期限があるということには注意が必要になります。

エージェントごとに使える期限は異なるので、事前に確認してから休むようにしてくださいね。

もし期限が切れてしまった場合は、別の転職エージェントを使えば問題ありません。

本当に役立った転職エージェント

doda

  • 利用者満足度で最高評価(業界第1位)を獲得。
  • 求人数は13万件以上であり、業界第2位の規模。
  • 20代、30代向けの求人が量・質ともに定評あり。
  • エージェントの質が平均的に高く、初心者でも安心。

リクルートエージェント

  • 転職成功実績が第1位。
  • 求人数が圧倒的業界NO.1(35万件以上)。
  • 非公開求人は業界最多の18.4万件以上。
  • オンラインでの対応もOK。

パソナキャリア

  • 業界第3位の求人数。
  • サポートの手厚さが全サービスで最高評価。
  • 女性向け案件が多く、対応の良さが評判。
  • 東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪/名古屋の求人が豊富。

JAC Recruitment

  • 30代以上のハイクラス求人に特化。
  • ハイキャリア・高収入の転職で実績No.1。
  • 担当者が優秀で、提案力が極めて高い。
  • 外資系・日系のハイクラス向け求人の量・質に定評あり。

20代が転職活動を再開するときのポイント

せっかく転職活動を休んで回復しても、また疲れてしまっては意味がないですよね。

そこで本章では、20代が転職を再開するときのポイントを解説します。

以下の3つを意識すれば、転職活動に疲れることなく終えられるでしょう。

  1. きちんと準備する
  2. 気負いすぎない
  3. 転職エージェントを使い倒す

1つずつ見ていきますね。

1.きちんと準備する

20代が転職活動を再開するときのポイント1つ目は、きちんと準備してから応募することです。

なんとなく応募するなんて無謀なことはしないと思いますが、徹底的に準備してから応募しましょうね。

具体的には、

  • 企業研究
  • 自己分析
  • 書類選考対策
  • 面接対策

などを中心に、情報収集からはじめてください。

「敵を知り、己を知れば、百戦して殆(あや)うからず」です。

書類選考で落とされることが多い人は、リクナビNEXTの履歴書と職務経歴書を無料で作成できるツールをご利用ください。

テンプレート通りに入力するだけで、内定者が作るような素晴らしい職務経歴書を作成できるはずです。

テンプレートの利用には、会員登録(無料)が必要ですが、3分でできます。

>>>リクナビNEXTの公式サイト(無料登録)はこちら

 

 

ゆん
書類選考は通るけど、面接対策や自己分析が苦手な方には、転職エージェントの利用をおすすめします。

 

2.気負いすぎない

20代が転職活動を再開するときのポイント2つ目は、気負い過ぎないことです。

経験上、無理して頑張り続けると燃え尽きます。

たとえ本命の企業から内定がでなかったとしても「縁がなかっただけ」です。

決してあなたが無能だからとか、頑張りが足らなかったからではありませんよ。

企業はいくらでもあるので、とっとと次に行けばいいんです。

自分の限界を把握し、プレッシャーに押しつぶされない程度に頑張ることが重要ですよ。

 

ゆん
僕は「自分を選ばなかった面接官は見る目がない」と思いながら転職活動を続けました。引きずらないためのテクニックです。

 

3.転職エージェントを使い倒す

20代が転職活動を再開するときのポイント3つ目は、転職エージェントを使い倒すことです。

自分がしなければならないこと以外は、すべて転職エージェントに押し付ける(任せる)くらいでOKですよ。

(その方が疲れませんからね・・・)

情報を効率的に集めるためにも、同時に複数の転職エージェントを使うことをおすすめします。

なぜなら、転職エージェントごとに得意分野と不得意分野があり、情報に漏れがあっては不利になるから。

 

ゆん
実際に、転職成功者は平均で3社以上に登録していたというデータもあります。

 

ちなみに、転職エージェントとは相性問題があることはご存じでしょうか?

エージェントと相性が悪ければ転職活動に支障が出て、獲れる内定を逃すことになるかもしれません。

イージーミスをなくすためにも情報源は複数あったほうがよいです。

20代の転職で本当に役立ったおすすめの転職サイト・転職エージェント

ここでは、20代の転職で本当に役立った転職サイト・転職エージェントをご紹介します。

迷ったら、以下で紹介している4つのサービスに登録しておけば間違いないです。

登録すれば自分の市場価値がわかるのですが、それだけでも登録した価値があったと思いました。

doda転職サイト


おすすめ度:

【公式サイト】doda

 

転職経験がない20代の方であれば、doda転職サイトが特におすすめです。

doda転職サイトは、利用者満足度が90%を超える転職サービスで、求人の質・量ともに文句なしでした。

20代や第2新卒向けの求人が多く、外資系企業・メガベンチャー企業の掲載が特に多かったです。

doda転職サイトは、転職サイトと転職エージェントの機能をどちらも併せ持っているため、円滑に転職活動を進めることができました。

「就職人気企業ランキング」は、転職市場動向や最新の人気企業チェックに役立ちます。

転職に不慣れな20代向けにサポートも充実しているので、転職経験がない人にdoda転職サイトは特におすすめです。

 

ゆん
dodaは1番おすすめの転職サイト・転職エージェントだよ。メンタルやられてた僕に寄り添ってくれたお姉さん、本当にありがとう。

 

>>>dodaの公式サイト(無料登録)はこちら

 

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's

おすすめ度:

【公式サイト】マイナビジョブ20’s

 

マイナビジョブ20’sは、20代の転職に特化した転職エージェントで、利用して損はまずないでしょう。

初めての転職の際に、マイナビだからという理由で最初に登録しました。

経験が浅いにもかかわらず、こちらの要望を伝えれば希望に沿った求人を見つけてくれたので、気軽に利用できる印象です。

20代の転職に特化しているため、書類作成や面接対策などにはじまり、転職活動の終了まで寄り添ってくれます。

他の転職エージェントでは通らない求人でも、マイナビジョブ20’sなら通るといったこともありました。

マイナビジョブ20’sは、20代初めての転職で、書類選考や面接などが不安な方には特におすすめの転職エージェントです。

 

ゆん
マイナビの名前はびっくりするくらい強いよ

 

>>>マイナビジョブ20’sの公式サイト(無料登録)はこちら

 

リクルートエージェント

おすすめ度:

【公式サイト】リクルートエージェント

 

リクルートエージェントは、20代の転職で毎回のように利用していた転職エージェントです。

求人の質・量ともに業界No.1であり、リクルートだからこそ持っているノウハウと、圧倒的な求人数で万全なサポートを受けられます。

転職サイトであるリクナビNEXTで20代向けの求人を調べ、リクルートエージェントで応募すればより効率的に進められるでしょう。

企業からの信頼も厚く、「リクルートエージェントだからOK」という理由で優遇されることもあります。

レスポンスが早く、すべての流れがスムーズだったのでとてもやりやすかったです。

利用者数No1.の転職エージェントでもあるので、登録しておいて損はないでしょう。

 

ゆん
リクルートエージェントは思考停止で登録がおすすめ!

 

>>>リクルートエージェントの公式サイト(無料登録)はこちら

 

マイナビエージェント

#NAME?

おすすめ度:

【公式サイト】マイナビエージェント

 

マイナビエージェントは、未経験OKの求人が非常に多い転職エージェントです。

マイナビ転職という転職サイトと並行活用しやすかったです。

学歴や専門スキル、得意分野がないという人でも理想の求人がみつかるでしょう。

転職サイトよりも地方の求人が多かったので、穴場のような求人を見つけることもできます。

地方で転職活動をしたい方は、マイナビ転職と並行活用しながら、マイナビエージェントで応募するのがおすすめです。

 

ゆん
地方に支社があるから、他のサイトにはない地方求人も載っているんだよ

 

 

>>>マイナビエージェントの公式サイト(無料登録)はこちら

 

上記4社以外にも、転職をスムーズに進めるうえで便利だったサービスはあります。

詳細は、【実体験】20代の転職で本当に役立ったおすすめ転職サイト・エージェントをご覧ください。

転職成功率を少しでも上げたい方の参考になるはずです。