転職に失敗してもとりあえず1年は働くべき理由【すぐ辞めるデメリット】

転職・就職に失敗したっぽい。すぐに辞めても平気?
とりあえず1年は働いた方がいい理由はなんで?
すぐに辞めると危険なの?詳しく知りたい!

このような悩みを解決します。

 

就職・転職した企業が合わないとすぐに辞めたくなりますよね。

 

辛い環境から逃げるのは正解ですが、とりあえず1年は働かないと自分の首を絞めるかもしれませんよ。

 

 

猫さん
じゃあ、少なくとも1年は続けなきゃだめってこと?

 

ゆん
次のことを考えるなら、1年は続けたほうがいいね。転職で不利になるから。

 

そこで今回は、1年以内に辞めることデメリットと、1年続けることのメリットを解説します。

最後まで読めば、どうして「とりあえず1年続けるべき」なのかがわかり、将来の不安を解消できるでしょう。

転職は気楽にする時代です

  • めんどうな書類作成や面接日程調整は、転職エージェントに丸投げでOK
  • 料金は完全無料なので使い放題。
  • 社会人の2人に1人が転職しています。

 

ゆん
僕は2回転職して年収が100万円ほど上がりました。人間関係の悩みも解消されて、気楽に働けています!

 

本当に役立った転職エージェント

doda

  • 利用者満足度で最高評価(業界第1位)を獲得。
  • 求人数は13万件以上であり、業界第2位の規模。
  • 20代、30代向けの求人が量・質ともに定評あり。
  • エージェントの質が平均的に高く、初心者でも安心。

リクルートエージェント

  • 転職成功実績が第1位。
  • 求人数が圧倒的業界NO.1(35万件以上)。
  • 非公開求人は業界最多の18.4万件以上。
  • オンラインでの対応もOK。

パソナキャリア

  • 業界第3位の求人数。
  • サポートの手厚さが全サービスで最高評価。
  • 女性向け案件が多く、対応の良さが評判。
  • 東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪/名古屋の求人が豊富。

JAC Recruitment

  • 30代以上のハイクラス求人に特化。
  • ハイキャリア・高収入の転職で実績No.1。
  • 担当者が優秀で、提案力が極めて高い。
  • 外資系・日系のハイクラス向け求人の量・質に定評あり。

転職に失敗して1年以内に辞めることのデメリット3つ

早速、転職・就職に失敗して1年以内に辞めることのデメリットを3つ確認しましょう。

先のことを考えるなら、すぐに辞めることは避けるべきです。

  1. 次の転職で不利になる
  2. 逃げ癖がつく
  3. 転職エージェントにマイナス評価を与える

1.次の転職で不利になる

 

転職・就職に失敗して1年以内に辞めることのデメリット1つ目は、次の転職で不利になることです。

転職の面接で、1年以内に辞めた理由は100%聞かれます。

採用する側の気持ちに立つと、すぐに辞める可能性がある人材は採用したくありません。

つまり、1年以内に退職したという経歴があるだけで、転職活動では不利になるのです。

 

ゆん
採用する側からすれば、採用コストがかかるだけの人を雇うわけがないよね。

 

2.逃げ癖がつく

 

転職・就職に失敗して1年以内に辞めることのデメリット2つ目は、逃げ癖がつくことです。

多くの人がこなせているのに、やりたくないという理由で退職するのは辞めましょう。

どこにいっても逃げ続けます。

一度逃げ癖がつくと、どんどんエスカレートして「家から出たくない」という理由で辞めるようになるかもしれません。

心身が健康ならば、完全な甘えです。

二度と社会復帰できなくなるかもしれないので、逃げ癖がつかないように1年は頑張りましょう。

逃げではない退職は仕事を辞めるのは逃げじゃない!会社を辞めた僕が幸せになれた理由でまとめています。

3.転職エージェントにマイナス評価を与える

転職・就職に失敗して1年以内に辞めることのデメリット3つ目は、転職エージェントにマイナス評価を与えることです。

転職する際に、多くの人が転職エージェントを利用すると思います。

自分の手助けをしてくれる転職エージェントですが、もちろん顧客は選んでいますよ。

何をやっても続かない人、すぐに退職する人は、エージェントにとっても不利益です。

無料で利用できるといっても、エージェントは報酬があるから動きます。

報酬をもたらさない顧客にために動くほど暇ではないです。

 

ゆん
転職エージェントだって暇じゃない。マイナス評価は避けたいところ。

 

転職に失敗してもとりあえず1年働くことのメリット3つ

次に、転職・就職に失敗してもとりあえず1年働くことのメリットを3つご紹介します。

  1. 再就職時のアピールポイントになる
  2. 知見が広がる
  3. 転職市場価値を下げずに済む

1.再就職時のアピールポイントになる

転職・就職に失敗してもとりあえず1年働くことのメリット1つ目は、再就職時のアピールポイントになることです。

1年やってみて駄目だったから退職した人は、採用の際に不利になりません。

なぜなら、逃げではなくキャリアを考えたうえで退職したから。

逃げの場合は1年もたないことがほとんどなので、1年耐えるだけで採用する側からの印象は違いますよ。

「たった1年」は「されど1年」です。

面接が不安な人は転職活動は落ちて当たり前じゃない!面接に落ちる原因と転職成功の秘訣を解説をご覧ください。

面接攻略法がまとめてあります。

2.知見が広がる

転職・就職に失敗してもとりあえず1年働くことのメリット2つ目は、知見が広がることです。

1年いれば、それなりに業界の知識を得られますよね。

その経験は、必ず次の仕事で活きます。

たった1年だとしても、業界の内部情報を知ってるのはかなりの強みです。

前職はどういう業界でどんなことをしていたのか、面接の際にばっちりアピールしましょう。

 

ゆん
意外と自分の経歴は価値があるんだよ。他己分析してもいいね。

 

3.転職市場価値を下げずに済む

転職・就職に失敗してもとりあえず1年働くことのメリット3つ目は、転職市場価値を下げずに済むことです。

市場価値は、あなたが年をとればとるほど下がっていきます。

市場価値にはスキルや経験も加味されますが、短期退職は価値を大きく下げる要因の1つです。

正式な理由やビジョンもなく退職を続ける人は、雇ったところで辞めると判断されるので採用されません。

だからこそ、少なくとも1年は働いて必ずしもすぐに辞めるわけではないことの裏付けが重要なのです。

 

 

ちなみに、とりあえず3年は嘘なので聞く耳を持たなくていいですよ。

思考停止のアホがなんか言ってるだけなので、自分の人生は自分で決めましょう。

「転職後とりあえず1年」を乗り切るための方法

ここでは、辛い中で「とりあえず1年」を乗り切るための方法をご紹介します。

仕事が辛くてどうしても耐えられない人は辞めるべきですが、何とかなりそうな人は参考にしてください。

  1. 仕事を頑張らない
  2. 知識を得ることに集中する
  3. 逃げ道を作っておく

1.仕事を頑張らない

仕事が辛い中で「とりあえず1年」を乗り切るための方法1つ目は、仕事を頑張らないことです。

繰り返しますが、とにかく仕事を頑張らないでください。

頼まれた仕事だけやって、極限までミスをなくし、自分の仕事を減らしまくるようにしましょう。

仕事を頑張らないことは、効率化につながります。

次の職場でも活きるので、全力でさぼりましょう。

最低限の仕事をしていれば周囲は何も言えませんし、効率化できていない人が無能なだけです。

なんか言われたとしても、退職のための布石なのでどうでもいいですよね?

残業してしまう人は残業=無能とは限らない!残業の理由からみる有能と無能の違いをご覧ください。

残業しないための方法をまとめました。

 

ゆん
日本はなぜか苦労している人が偉いと考えるよね。老害だわ。

 

2.知識を得ることに集中する

仕事が辛い中で「とりあえず1年」を乗り切るための方法2つ目は、知識を得ることに集中することです。

1年間は転職のための修行と捉え、その職場の知識や技術を盗みまくりましょう。

得た知識や技術は、転職活動で最高のアピール材料になります。

仕事が辛くても来年楽するためだと思えば、多少は気が楽になりますよね。

どうしても辛い人は、人生に疲れた時こそ成長のチャンス!僕が絶望から復活できた理由と対処法をどうぞ。

メンタルが強くなる方法をまとめました。

3.逃げ道を作っておく

 

仕事が辛い中で「とりあえず1年」を乗り切るための方法3つ目は、転職サイト・転職エージェントに登録して逃げ道を作っておくことです。

今よりも好条件の転職先がいくらでもあるという事実を知れば、気がかなり楽になります。

本当にきつくなったら転職すればいいだけなので、あらかじめ転職という「逃げ道」を用意しておきましょう。

複数の転職サイト・転職エージェントに登録しておけば、無料でたくさんの優良求人を紹介してくれるので、常に心に余裕が持てますよ!

「転職後とりあえず1年」がどうしても辛いなら辞めていい

「転職後はとりあえず1年働くべき」とお伝えしてきましたが、どうしても辛い人もいるでしょう。

仕事に行くこと自体が苦痛で、家に帰っても不安に襲われているような、頑張りすぎている人です。

僕はパワハラを受けながら働きすぎた結果、不安障害という精神疾患と、急性虫垂炎になり病院に運ばれました。

伝えたいことは、どうしても辛いなら1年も頑張らなくていいということです。

 

 

半年だろうが、1か月だろうが、心の底から辛いなら辞めていいんですよ。

もちろん、単純に仕事が嫌で働きたくないからというクソみたいな理由はダメです。

自分にめっぽう甘い人は、何のために生きているのかわからなくなって人生終わりますよ。

精神的理由やハラスメントにあって、心身が本当に辛い人は仕事を辞めてください。

健康が第一ですし、健康なら何度だってやり直せます。

心が限界な人は、【実体験】仕事のストレスが限界な時の対処法と予防策【ヤバいサイン】をご覧ください。

客観的にあなたの状態を把握して、すべきことがわかります。

 

ゆん
僕も心身を同時にやって健康がいかに大切か思い知ったよ。本当に限界なら仕事なんて辞めるべき。

 

まとめ:とりあえず1年働いて転職したほうが得

転職後にすぐ辞めてもいいのか、とりあえず1年続けるべきなのかというテーマでまとめました。

結論、とりあえず1年は働くべきです。

退職理由は転職面接で必ず聞かれるので、自分が不利にならないように1年は頑張りましょう。

もし、今の仕事が本当に辛くて毎日が苦痛なら転職して環境を変えるべきです。

無駄なストレスを抱えないで働けるような、あなたを受け入れてくれる環境は必ずあります。

転職活動する際は働きながら効率よく動くために、転職のプロ集団である転職エージェントの利用がおすすめです。

 

推薦状付きで応募できるので一次選考に通りやすく、非公開求人を紹介してくれるというメリットもあります。

 

面接の日時設定や面接対策、職務経歴書のチェックといった面倒なことをしてくれるので、スムーズに転職活動を終わらせたい人はぜひご利用ください。

 

求人は早い者勝ちなので、行動したもの勝ちです。

 

doda

  • 利用者満足度で最高評価(業界第1位)を獲得。
  • 求人数は13万件以上であり、業界第2位の規模。
  • 20代、30代向けの求人が量・質ともに定評あり。
  • エージェントの質が平均的に高く、初心者でも安心。

リクルートエージェント

  • 転職成功実績が第1位。
  • 求人数が圧倒的業界NO.1(35万件以上)。
  • 非公開求人は業界最多の18.4万件以上。
  • オンラインでの対応もOK。

パソナキャリア

  • 業界第3位の求人数。
  • サポートの手厚さが全サービスで最高評価。
  • 女性向け案件が多く、対応の良さが評判。
  • 東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪/名古屋の求人が豊富。

JAC Recruitment

  • 30代以上のハイクラス求人に特化。
  • ハイキャリア・高収入の転職で実績No.1。
  • 担当者が優秀で、提案力が極めて高い。
  • 外資系・日系のハイクラス向け求人の量・質に定評あり。

 

ゆん
転職エージェントとは相性問題があります。相性が悪いと転職活動がうまくいかないので、3社以上の利用がおすすめです。ちなみに料金は完全無料ですよ。

 

転職活動の始め方や、内定をとるためのコツは以下の記事でまとめています。

 

上記4社以外に役立つ転職サービスも紹介しているので、登録済みの方は以下の記事をご活用ください。