人手不足で職場崩壊する企業の特徴とすぐ辞めるべき理由

人手不足で職場崩壊する企業の特徴とすぐ辞めるべき理由

人手不足で職場崩壊する企業の特徴とすぐ辞めるべき理由

辞める人が多いなぁ。職場の人手不足が深刻になってきた気がする・・・
業務量が増えてきついぞ。職場崩壊の兆しかな?
もしかして退職しなきゃやばい?どうすればいいのか教えて!

このような悩みを解決します!

辞める人が目立っており、業務にしわ寄せがきているなら、人手不足が原因で職場崩壊する前触れかもしれません。

 

ゆん
やばそうだな・・・と思ったら、早めに退職することをおすすめします

 

なぜなら、人手不足は時間がたてばたつほど目立つから。

どんどん退職しにくい雰囲気になりますよ。

そこで本記事では、人手不足で職場崩壊する企業の特徴や、今にも倒産しそうな企業からの脱出方法を解説します。

最後まで読めば、人手不足で倒産する前に脱出する方法がわかり、安定した企業で働けるようになるでしょう。

人手不足で職場崩壊する前に辞めてもいいの?【辞めるべきです】

「人手不足のせいで業務が増える一方。そのせいで辞める人が続出してるのに、自分も退職していいの?」

上記のように考える方もいるでしょう。

結論、人手不足がそれ以上深刻化する前に退職することをおすすめします。

なぜなら、人がどんどん辞める職場に居続けると、倒産して失職するかもしれないから。

人材が流出し続ける企業に魅力はないので、ほとんど新しい人は入ってきません。

そんな企業で働いても、業務量が増えるだけで給料は変わらないどころか、コストカットの一環で給料を減らされるだけでしょう。

同僚への迷惑を気にして続けるより、失職して無職になる方が嫌ですよね。

 

ゆん
以下の表は、人手不足関連の倒産件数をグラフ化したものです。人手不足倒産は、身近なんですよ。

 

Number of labor shortages and bankruptcies

出典:東京商工リサーチ

 

コロナの影響は省きたかったので、2019年までのデータを載せました。

グラフによると、人手不足による倒産件数が年々増していることがわかります。

人手不足倒産の理由(内訳)に関しては、以下の通りです。

 

 2019年の「人手不足」関連倒産の内訳は、代表者や幹部役員の死亡、病気入院、引退などによる「後継者難」が270件(前年比2.8%減)で最多だった。この他、人手確保が困難で事業継続に支障が生じた「求人難」が78件(同32.2%増)、中核社員の独立、転職などの退職から事業継続に支障が生じた「従業員退職」が44件(同83.3%増)、賃金等の人件費のコストアップから収益が悪化した「人件費高騰」が34件(同30.7%増)だった。
後継者問題の広がりを裏付けるように「後継者難」が全体の6割(構成比63.3%)を占め、微減ながら最多となった。その一方で、「従業員退職」や「求人難」、「人件費高騰」の増加率が上昇し、人手不足が様々な局面で深刻さを増していることを示している。

出典:東京商工リサーチ

 

後継者不足の企業が全体の63.3%を占めています。

「えっ!私の職場、後継者不在なんだけど・・・どうすればいい?」

と思った方は、先を見据えて転職先候補を探しておけば安心ですよ。

実際に転職するのではなく(しても良いと思います!)、今の会社が倒産したときに備えて、予備の職場を探しておくというイメージです。

 

ゆん
転職先候補を探すなら、転職エージェントの利用をおすすめします。

 

希望を伝えるだけで、エージェントが求人を探して教えてくれるので、仕事をしながらでも簡単に新職場候補が見つかるでしょう。

よさそうな職場があったら、そのまま転職するのもアリですね!

本当に役立った転職エージェント

doda

  • 利用者満足度で最高評価(業界第1位)を獲得。
  • 求人数は13万件以上であり、業界第2位の規模。
  • 20代、30代向けの求人が量・質ともに定評あり。
  • エージェントの質が平均的に高く、初心者でも安心。

リクルートエージェント

  • 転職成功実績が第1位。
  • 求人数が圧倒的業界NO.1(35万件以上)。
  • 非公開求人は業界最多の18.4万件以上。
  • オンラインでの対応もOK。

パソナキャリア

  • 業界第3位の求人数。
  • サポートの手厚さが全サービスで最高評価。
  • 女性向け案件が多く、対応の良さが評判。
  • 東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪/名古屋の求人が豊富。

JAC Recruitment

  • 30代以上のハイクラス求人に特化。
  • ハイキャリア・高収入の転職で実績No.1。
  • 担当者が優秀で、提案力が極めて高い。
  • 外資系・日系のハイクラス向け求人の量・質に定評あり。

人手不足で職場崩壊する企業の特徴3選

この章では、人手不足で職場崩壊する企業の特徴を3つご紹介します。

心当たりがあったら、早めに脱出した方がよいでしょう。

  1. 突然来なくなる人が毎年いる
  2. 退職理由が「精神的なもの」
  3. 後継者がいない

1つずつ解説しますね。

1.突然来なくなる人が毎年いる

人手不足で職場崩壊する企業の特徴として、「突然来なくなる人が毎年いる」ことが挙げられます。

ポイントは、突然来なくなる人が「毎年いる」という点です。

退職手続きなしでバックレるのは、相当追い込まれていなければできません。

管理職だけでなく、経営層含めた会社そのものに問題があると考えた方がよいでしょう。

今までは穏やかに過ごせていた方も、いつ会社に牙をむかれるかわかりません。

本当に会社の体質が腐っていれば何かしらヒントはあるはずなので、よく思い出してみてください。

2.退職理由が「精神的なもの」

退職していった人の退職理由が「精神的なもの」だと、会社が腐っているので倒産は時間の問題でしょう。

なぜなら、腐っている企業に新しい人は入ってこないから。

人が来ないということは、将来性がないということなので倒産するしかありません。

「突然来なくなる人がいる」と、「退職理由が精神的なもの」の2つがそろったら、最悪のリーチです。

職場がハラスメントだらけの可能性があります。

人事部や相談窓口も機能していない、または見て見ぬふりしているかもしれません。

中立機関までもが終わっていれば、100%企業に未来はないです。

人手不足で職場崩壊し、倒産するのは必然でしょう。

3.後継者がいない

人手不足で職場崩壊する企業の特徴の3つ目は、後継者がいないことです。

さきほど紹介した通りですが、倒産する企業の63.3%は後継者不足であることを忘れないでください。

その他、求人難だったり、管理職以上の退職が目立つようでしたら潮時です。

うまい言い訳を考えて早めに退職することを、強くおすすめします。

>>>【嘘の退職理由】おすすめ14選!上司があっさり信じた伝え方のコツを紹介

 

ゆん
後継者不在は、企業の存続に直結します。甘く見ない方がいいですね。

 

人手不足が常態化している企業はすぐ辞めるべき理由

この章では、常に人手不足の企業はすぐに退職すべき理由を解説します。

なんとなく居続ける選択だけは、避けた方がいいですよ。

 

ゆん
すぐ退職した方がいい理由は以下の3つです。

 

  1. 給料が上がることはないから
  2. あなたの市場価値が下がるから
  3. 企業に未来がないから

経験上、思考停止はかなり危険です。

1つずつ解説していきますね。

1.給料が上がることはないから

常に人手不足の企業を辞めた方がいい理由の1つ目は、給料が上がることはないためです。

日本経済は、30年前から平均給与が下降傾向にあります。

大企業ですら苦戦している中で、人材流出している企業が給料を上げられるわけがありません。

どんなに頑張っても報酬が増えないなら、頑張る意味がないですよね。

以下は、厚生労働省が算出した平均給与の推移表です。

 

Average salary transition

出典:厚生労働省

 

大企業でさえ、給与が上がらなくてあえいでいるのが現代の日本です。

体力がない中小企業では、社員の給料をあげる余裕などありません。

年収に不満がある方は、頑張りが反映される企業に移った方がよいでしょう。

>>>基本給が上がらない会社は辞めるべき?続けるメリットと向いている人を解説

2.あなたの市場価値が下がるから

常に人手不足の企業を辞めた方がいい理由の2つ目は、あなたの市場価値が下がるからです。

だらだらと同じ職場にいるだけで、あなたの価値は下がり続けているという意識をもちましょう。

 

ゆん
市場価値とは「転職市場におけるあなたの価値」のことです。どれだけ企業に貢献できるか、で決まりますよ。

 

市場価値は、

  • 年齢
  • スキル
  • 経験
  • 実績
  • 将来性

などで判断するものです。

スキルや経験が身につかない職場で働くだけで、市場価値は年齢とともに下落します。

 

ゆん
そこそこ稼いで、普通に生活できればいいという考えの方も、他人ごとではありませんよ。

 

なぜなら、AIロボットが人から仕事を奪う時代になりつつあるから。

スキルが必要ない業務は、ロボットに任せた方が効率が良いので、容赦なくクビにされるでしょう。

転職する気がなくても、自分の価値だけは把握しておくことをおすすめします。

 

ゆん
市場価値の把握は転職エージェントに相談すればわかります。20代・30代の方は危機感を持った方がよいでしょう。

 

3.企業に未来がないから

常に人手不足の企業を辞めた方がいい理由の3つ目は、企業に未来がないからです。

会社とは「人の集合体」であり、社会問題を解決するために存在しています。

会社を成立させている「人」がいなくなっては、倒産する未来しかないでしょう。

また、人材流出に困らされているということは、

  • 業務量に対して給与が安い
  • 福利厚生が充実していない
  • 人間関係が悪い
  • ハラスメントが横行している

など、誰もが「働けない!」と思うような環境だからです。

そんな企業にまともな人は入社してこないので、人手不足はどんどん悪化する一方でしょう。

人手不足のせいで職場崩壊するのは、時間の問題です。

人手不足で今にも職場崩壊しそうな時の対処法

この章では、人手不足で明日にでも倒産しそうな時の対処法を2つご紹介します。

速度重視なら、以下2つの対処法があります。

  1. コネを探す
  2. 転職エージェントに相談する

人手不足の企業に長く勤めれば勤めるほど、脱出は難しいです。

早めに行動することをおすすめします。

1.コネを探す

人手不足で明日にでも倒産しそうな時の対処法1つ目は、コネを探すことです。

コネは就職先を見つける方法で、最も簡単な方法ですね。

  • 両親
  • 祖父母
  • 兄弟
  • 友人
  • 先輩
  • 後輩

ポイントは、自分とできるだけ近しい関係の人に当たることです。

家族関係のコネなら、何の選考もなしで転職先を見つけられるでしょう。

 

 

ゆん
僕の叔父さんは、祖父のコネで一部上場企業に43歳で転職していました。レアなケースかもしれませんが、家族から当たれば予想外のコネがあるかもしれませんよ。

 

「転職は大変そうだから、まずは派遣でいい」

このように考える方もいるでしょう。

実際に、とりあえず派遣を選ぶのはアリだと思います。

しかし、派遣のメリット・デメリットを確認してからにしないと、後悔するでしょう。

転職を避けてとりあえず派遣を選んだ人の末路【安易な選択は命取り】で詳しくまとめたので、後悔したくない方はご覧ください。

2.転職エージェントに相談する

人手不足で明日にでも倒産しそうな時の対処法2つ目は、転職エージェントに相談することです。

あなたの現状を聞いたうえで、とるべき行動や向いている求人を教えてくれます。

話すだけでも不安が軽くなるので、一人で悩まずに相談した方がよいでしょう。

転職エージェントのメリット7つ

  1. 料金が完全無料
  2. 希望を伝えるだけで求人を勝手に探してくれる
  3. 非公開求人の紹介がある
  4. 推薦状を送ってくれるので書類選考(一次選考)に通りやすくなる
  5. 転職のプロが相談にいつでも乗ってくれる
  6. 応募から面接日程調整まで手続してくれる
  7. 給与交渉もしてもらえる

 

転職エージェントは完全無料で利用できます。

 

推薦状付きで応募してくれるので、書類選考に通りやすい点も内定獲得率を高めてくれますね。

 

転職エージェントのデメリット3つ

  1. メールが多い
  2. 的外れな求人を紹介された
  3. サポート期間が短いサービスがあった

 

転職エージェントのデメリットは、求人情報のメールが多すぎることです。

 

担当者による部分もあるので、自分に合わないと思ったら担当変更申請をしましょう。

 

 

転職する気がない方はエージェントを使わなくてもよいでしょう。

しかし、少しでも不安があるなら相談してみてください。

将来への不安や悩みが解消されるはずです。

本当に役立った転職エージェント

doda

  • 利用者満足度で最高評価(業界第1位)を獲得。
  • 求人数は13万件以上であり、業界第2位の規模。
  • 20代、30代向けの求人が量・質ともに定評あり。
  • エージェントの質が平均的に高く、初心者でも安心。

リクルートエージェント

  • 転職成功実績が第1位。
  • 求人数が圧倒的業界NO.1(35万件以上)。
  • 非公開求人は業界最多の18.4万件以上。
  • オンラインでの対応もOK。

パソナキャリア

  • 業界第3位の求人数。
  • サポートの手厚さが全サービスで最高評価。
  • 女性向け案件が多く、対応の良さが評判。
  • 東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪/名古屋の求人が豊富。

JAC Recruitment

  • 30代以上のハイクラス求人に特化。
  • ハイキャリア・高収入の転職で実績No.1。
  • 担当者が優秀で、提案力が極めて高い。
  • 外資系・日系のハイクラス向け求人の量・質に定評あり。

まとめ:人手不足で職場崩壊するのは会社の責任!辞めにくいなら「退職代行」もアリ

人手不足で職場崩壊するのは企業の責任です。

これまで退職していった人たちのせいでも、これから辞めようとしている人たちのせいでもありません。

 

ゆん
現場と向き合わず、社員を大事にしなかった企業が悪いです。

 

あなたが退職することは、悪いことではないですよ。

生活するためにはお金を稼ぐ必要がありますよね。そのための「決断」なのですから、勇気ある行動です。

 

ゆん
残った人のことが気になって退職できないようなら、退職代行というサービスもあります。

 

会社から去るという結果は同じですが、1日も会社に行かずに退職できるというメリットがあります。

辞めたいけど辞められない方には、もってこいのサービスです。

料金は3万円前後かかります。

詳細は、クズや甘えと言われる退職代行を使う人が圧倒的に賢い理由を解説でまとめました。

 

ゆん
本記事は以上になります。最後にもう一度まとめておきますね。

 

人手不足で職場崩壊する企業の特徴は以下の3つ。

心当たりがあったら、早めに脱出した方がよいでしょう。

  1. 突然来なくなる人が毎年いる
  2. 退職理由が「精神的なもの」
  3. 後継者がいない

 

常に人手不足の企業はすぐに退職すべき理由はこちらでしたね。

  1. 給料が上がることはないから
  2. あなたの市場価値が下がるから
  3. 企業に未来がないから

 

人手不足で明日にでも倒産しそうな時の対処法は以下の2つでした。

  1. コネを探す
  2. 転職エージェントに相談する

 

人手不足の企業に長く勤めれば勤めるほど、脱出は難しくなります。

不安に押しつぶされそうになって、何をすればいいのかわからなくなった方は、転職エージェントに相談しましょう。

彼らは転職のプロ集団です。

何十万人の転職を成功させてきた経験があるので、あなたの悩みもきっと解決してくれるでしょう。

本当に役立った転職エージェント

doda

  • 利用者満足度で最高評価(業界第1位)を獲得。
  • 求人数は13万件以上であり、業界第2位の規模。
  • 20代、30代向けの求人が量・質ともに定評あり。
  • エージェントの質が平均的に高く、初心者でも安心。

リクルートエージェント

  • 転職成功実績が第1位。
  • 求人数が圧倒的業界NO.1(35万件以上)。
  • 非公開求人は業界最多の18.4万件以上。
  • オンラインでの対応もOK。

パソナキャリア

  • 業界第3位の求人数。
  • サポートの手厚さが全サービスで最高評価。
  • 女性向け案件が多く、対応の良さが評判。
  • 東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪/名古屋の求人が豊富。

JAC Recruitment

  • 30代以上のハイクラス求人に特化。
  • ハイキャリア・高収入の転職で実績No.1。
  • 担当者が優秀で、提案力が極めて高い。
  • 外資系・日系のハイクラス向け求人の量・質に定評あり。

 

ゆん
迷ったら業界最大手のリクルートエージェントが安心です。サポートも初心者向けで手厚いですよ。

 

リクルートエージェントに無料で相談する